札幌南徳洲会病院 看護部

文字の大きさ変更

サイトマップ
0118830602

札幌南徳洲会病院看護部長 工藤昭子の やさしさビタミンブログ

幸せな働き方の一部として

院内のいろいろなところで、職員やボランティアさんたちが飾りつけをしています。
こうして表現できるというだけで、その人の強みというものを感じます。

ある方は「飾りつけ終わると、もう次の飾りつけをどうしようかな、と考えている」と言っていました。
根底には「誰かに喜んでもらいたい」「びっくりさせたい」という気持ちがあるんですね。

表現というのは誰かの記憶や感性を呼び起こしてくれます。
「きれい」「かわいい」「なつかしい」「ほっこりする」という言葉や「いつも楽しみにしている」「とても癒されている、ありがとう」というような感謝が、創作者のやりがいとなり、さらなる創造性につながります。

別な方は「ショーウインドウの飾りつけや雑貨のお店のディスプレイを写真に撮って参考にしている」とも言っていました。
そうやって視野を広げて新たなチャレンジを繰り返していくことで、洗練されていくのですね。

仕事そのものとは違ったとしても、こうした表現をすることが公認されていると
それがやりがいへつながる、幸せな働き方の一部になるのではないかなあと思っています。
これからも私は、そういう自由度を高めていこうと思います。

今週もこのブログに来ていただきありがとうございます。
くりかえし、くりかえす。

連休は、幸せについて考えてみました

4連休が終わりましたが皆さまいかがお過ごしでしたか?
私はstay homeで読書や映画、料理をしてのんびりさせていただきました。

このところ「幸せ」について考えています。
人は何のために生きるのか。
幸せに生きるってどういうことか。
幸せな働き方ってなんだろうか。
幸せの尺度って・・。
考えることが多くなりました。

ある程度のお金は必要だけれど、お金がたくさんあれば幸せとは限らない。
成果(利益)を追求して心を失うよりも、今自分の身近にいる人や物事に丁寧に関わっていくことの大事さ。
リモートでの仕事がうまくいっている企業は、東京にこだわらなくなってきました。
都会を離れても仕事が成立するなら、空気のいい場所で土をいじりながら暮らしたい、とか。
家にいる時間が長くなったので、家族との対話が多くなったとか。
幸せって実は身の回りの小さなことだったりする。
それに気づいて人が行動し始めている、そんな気がします。


7月からボランティアさんが手作りしてくれた、カウントダウン・カレンダーを使用しています。
毎日朝礼で院長が一枚破るのがすでに習わしとなり、職員がその姿を注目しています。
朝礼は月曜から金曜までなので、土日の分は月曜日の朝に破るのですが、院長は2枚まとめて破るのではなく、一枚、そして一枚と丁寧に破ります。
破ったものも丁寧に折りたたんでポケットに入れ、医局まで持って行きます。
作ってくれた人の一枚一枚に対する思いを大切にする、そういう気持ちが表れているなと思います。
なにげなく見えても、職員の心のひだに確実にしみ込んでいると感じます。
尊敬と信頼はこういう小さなことから培われていくものですね。

今日もこのブログに来ていただきありがとうございます。
またまた身内びいきですみません!

疲労する脳

この数か月間というもの、オンラインでの会議や勉強会などが増えました。
移動時間のロスや感染リスクを避ける意味においてはとてもいいなあと思っていました。
自宅で夕食後に講義を受けたり、対話したりしたあとすぐに寝られるのですからこんな楽なことはないなあと。

ただ、どうも疲れる。
体が疲れるというよりは脳が疲れる、そんな風に思います。
これは単純に加齢によるものかと考えていたところですが、
ネットで知ったにわか知識によると、人と話をするときには目と目が合うことで「わかってもらった」という承認欲求が満たされ、脳が報酬をもらったと感じるのだそうです。
オンラインでは自分も含めてみんな正面を向いているけれども、誰とも目が合ったという風には感じられないのですね。
常に脳が報酬を求めてさまようのでしょう。
だから疲れるのか・・。納得しました。

病院における面会も、感染リスクを減らす目的で禁止されているところが多くあります。
当院も一定の制限はあり、遠方の方にはLINE面会をお取次ぎしています。

実際の面会であれば、発した言葉の意味や声音、表情とかを五感で感じ取ることができます。
返事はなくても沈黙の中でお互いがわかりあえる時を過ごすことができますね。
LINEは顔が見えても、そこにまとう空気感が伝わりづらいですし、一言言葉を発したらなにか言葉で返さなければならないという感じが伴います。
そこが機械を通すから自然ではなくなる所以です。

リスクを最小限にしながら、人と人の絆を大事にする。
オンラインもうまく利用しつつ、これからも模索していくしかありません。

今日もこのブログに来ていただきありがとうございます。
脳を休めるには寝るのが一番ですね。そして美しいものを見ましょう。

カウントダウン

当院では現在、新築移転のプロジェクトが進んでいます。
毎週建設会社の方が送ってくださる写真はどんどん形が変化して、建物らしくなっています。
私は月に1度現場を訪れるのですがそのたびに現場のきれいなこと(整理整頓という意味)と、はたらく車のプロフェッショナルな動きに見とれています。
詳しくは当ホームページの新築移転BLOGをご覧ください。↓

https://sapporominami.com/new_blog/

職員ひとりひとりにも、きっと移転に向けた思いがあると思います。
先月ボランティアさんがカウントダウン・カレンダーを作ってくれました。
移転オープンの日はまだ正式には決められませんが、一応7月1日とするともう1年を切っております。
365をスタートとして、毎日一枚ずつ日めくり式に破っていくという、シンプルなものです。
カレンダーの周りには職員の顔らしきイラストが描かれて、みんなでこの1年をワクワクしながら楽しむ雰囲気が感じられます。

看護部では移転後に緩和ケア病棟がふたつになるので、志望者を中心に院内留学ということを始めました。
緩和ケアを直接現場で学んでもらっているところです。
ここにも新鮮な驚きや感動があり、来年に向けてのワクワクが始まっています。

師長さんたちには、移転後に使う備品類の購入リストや配置について考えてもらっているところです。
これはち密で大変な作業ですが、新居の家具を考えるような楽しい時間です。
新しいきれいな病院で働くワクワクをみんなで味わうために、図面ごとの責任者を設けています。
「ここについては〇〇さんが一番詳しい」という人を作って、みんなが脳内イメージを作りながら、移転後にスムーズに動けるようにしたいと思っています。

日めくりカレンダーを破るのは院長にお願いしました。
毎朝の朝礼で、一枚めくるたびに新居が近づいてきます。

今日もこのブログに来ていただきありがとうございます。
ぜひご一緒に、夢をお楽しみいただければ、うれしいです!

アサガオ

「〇さんのアサガオの種、無事にご家族にお送りすることができました。少し種が余ったのでどこかで使いませんか?」と声をかけられた。

ホスピスのナースで植物を育てるのが上手な人がいる。
食べ終わったパプリカやアボカドの種を発芽させて、日当たりの良いホスピスの端っこで育てている。わたしも真っ赤なパプリカをひとついただいたことがあるが、大きさといい、なかなか立派なものだった。
パイナップルやバジル、オジギソウに四つ葉のクローバー。
他にも名も知らぬ植物がたくさん置いてあり、小さな植物園のようである。患者さんに水やりをかって出てくださる方がいて、とても助かっている。

〇さんのアサガオも手入れがいいせいか、年中彩りを与えてくれている。
大ぶりの青く美しい花が終わると「ご遺族にお渡しするために種ができるのを待っています」と書かれたプレートが下がり、種が自然に落ちてしまわぬように、小さな袋がかけてあった。

それをまめにひとつひとつ採取して、ようやくまとまった数になったので、〇さんのご遺族にお送りしたのだという。

半月型の茶色い種はいかにも充実した姿をして、小箱に入れられていた。
来年、新しい病院で咲かせましょう。

今日もこのブログに来ていただきありがとうございます。
まめさがとても、大事だね。

外の空気はうんまいなあ

3年前、外来棟の前にある植え込みは雑草が伸び放題でした。
コンクリートで作られた植え込みは長さ10メートルくらい、奥行きは50㎝くらいです。
園芸ボランティアをしてくれている私の師匠が、雑草を取り土を掘り起こし、土壌を改良してくれました。
そこに植えるのは野菜など実を収穫できるものがいいという話になり、その年はミニトマトやキュウリ、ジャガイモを育てて給食に使ってもらいました。
翌年のために師匠が育てたイチゴの苗を植え込みに移植してくれて、ひと冬を越しました。

翌2018年6月に最初のイチゴ狩りをしました。
その日は風が強く寒い日で、患者さんを外に出すことはできませんでした。
6~7人だったと思いますが玄関ホールに集っていただき、収穫したイチゴをその場で食べていただきました。

翌2019年はなかなかの出来栄えで、10名以上の患者さんがいちご狩りに来てくれました。
ホスピスの患者さんのお部屋にはプランターのイチゴを出前し、甘酸っぱい香りを楽しんでいただきました。

今年はイチゴ農家から仕入れた苗に変えて、昨年同様大事に育ててきました。日々の水やりは施設管理の方にお願いし、受粉は私がして、毎週師匠が手入れするという方法で見守ってきました。
天気予報をにらみながらいちご狩りを2回開催し、ホスピスと一般病棟合わせて25名の方が来てくださいました。新型コロナウイルスの影響で面会や外泊が制限されていることもあって、患者さんにはずいぶん我慢を強いておりました。
そこで少し外の空気を吸って気分転換してもらおうと、イチゴ畑の前でボランティアさんがカフェを開店。
当日は薄曇りでしたが心地よい気温で、柔らかな風が流れていました。

「温かいコーヒーと冷たいカルピスどちらがよろしいですか?」
「コーヒー飲みたかった~!」
「私も昔、家の畑でイチゴ育てたよ。食べきれなくて近所に配ったもんだ」
「しばらくぶりに外の空気を吸った。ああ、うんまいなあ」と涙をこぼす方がいたり、お孫さんと一緒にいちごを味わったり、思い思いに過ごしました。
患者さんをお連れする職員も、そんな姿を見てほっこりしていました。
こんなふうに雑談する時間が大切だな~と思います。

今日もこのブログに来ていただきありがとうございます。
来年はイチゴ狩りをしてから引っ越しだ!

イチゴcafe開店

毎日目まぐるしいお天気の札幌です。
6月第2週目頃から、今年植えたイチゴが次々赤くなりだしました。
今年は入院患者さんたちにいちご狩りと外でCaféを楽しんでいただこうと計画しました。

折しもコロナウイルスの影響で、ご家族との面会もままならない状況でしたが、いちご狩りに合わせてもし来られるなら、外の新鮮な空気を吸ってお会いしていただこうという連絡もしました。

入院患者さんにとって、ご家族の面会はなによりの喜びです。
体に触れ、ただそばにいる、ということの大切さ。
ご面会の場面は、愛が行き交って私たちもつい目頭が熱くなることがあります。

コロナウイルスの厄介なところは、人と人とのこうしたふれあいや寄り添うことの分断です。
私たち医療者も一番大事にしているところですから、面会禁止の説明は受け持ち看護師も苦悩するところです。

当日天気予報は曇りのち雨。
最近の天気予報は精度が高いですからね、雨が降り出す時間より前にボランティアさんが来て、テーブルセッティング。落としたコーヒーは肌寒い空気にぴったりです。
病棟のラジカセで音楽を鳴らして屋外イチゴCaféの開店準備が整いました。

畑のイチゴはなかなかいい出来です。
大きく・赤く・採れたてのイチゴの香りがとてもいい。
水でしゃばしゃばっと洗ってパクっと口に入れ「甘い!おいしい!」と言っていただけるとほっとしました。

折り紙で作ったイチゴ形のポケットにチョコとキャンディを詰めて、ボランティアさん手作りの押し花コースターを選んでいただいて、いろいろお土産もお持ち帰りいただきました。
来られなかったご家族のために写真も撮りましたから、あとでゆっくり見ていただきましょう。

今日もこのブログに来ていただきありがとうございます。
医療にはこういう時間が大事だな。

音楽療法士「私も竜宮城の一員に」

当院は多職種で患者さんのケアに深くかかわっております。
珍しい職種の方もいらっしゃるので、いつか一人一人を詳しく紹介したいと思っていました。
ホームページのホスピスのページに「ケアする人びと」というコーナーができたので、詳細はそちらを見ていただこうと思っています。

ここではダイジェスト版でお伝えします。
トップバッターは音楽療法士 工藤麻子さん。

―音楽療法士になったきっかけー

音楽教室の講師をして間もなくの頃、好きなアーティストの記事の中に音楽療法という言葉が出てきました。これから医者と協力して音楽療法をやってみようと思う、という記事でした。
「音楽療法って何だろう」「誰に聞いたらいいのだろう」と調べたんです。
翌年から札幌で勉強会がある事を知り、行ってみたのが始まりです。

―今、当院でされている活動について教えてくださいー

週に一度出勤し、医療スタッフのカンファレンスに同席しています。14時からお茶会に併せて音楽の時間があります。ピアノを弾き、一緒に歌ったりリクエストに応じたり一緒に演奏を楽しんだりしています。
そのあとフロアに来られなかった患者さんのお部屋に伺って、個別に音楽を演奏しています。

―個別のお部屋ではどんな風にしているんですかー

事前に看護師さんが患者さんに「音楽の出前がありますよ。好きな曲を弾いてくれますよ」とお声がけしてくれて、要望のあった人のところに行くようになっています。
リクエスト曲を事前にいただけると楽譜を準備してきちんと練習して行くことができます。あるいは「誰が好き」とアーティスト名を言ってくださると助かりますね。患者さんの歌に伴奏をつけたり、私が弾く曲を聴いていただいたり。

―忘れられないエピソードを教えてくださいー

何年も前の話ですが「私はここでゆっくり過ごさせてもらいたいと思ってここに来ました」という方がいました。
「ここの人たちはみんな優しくて、自由に、好きなように時間を過ごさせてもらっています。まるで竜宮城のような場所だと思う。音楽も楽しくてすごいね」って言ってくださって。
それから『おくりびと』という映画の話をされて
「あれは亡くなった人を送る人の話だけれど、ここは生きている人を自由にさせてくれて優しくしてくれて。ここの人たちこそ、おくりびとだと思います」と仰いました。
同感でしたし、その時に、私も竜宮城の一員になれるように頑張ろうと思い現在に至っています。

続きはこちらへどうぞ↓

https://sapporominami.com/hospis/#care

今日もこのブログに来ていただきありがとうございます。
みんなヒーローだ。

待合室の絵

6月は札幌のいちばんいい季節ですね。
札幌の街中を舞台に開かれる、よさこいソーラン祭りは毎年6月の初旬に5日間開かれ、初夏のお祭りとして観光客もたくさん訪れています。
今年は残念ながら開催中止となりましたが、外来待合のところに飾られている絵をぜひご覧ください。
道庁赤レンガをバックに躍動感あふれる踊りが表現されています。
汗や熱気や疾走感がふわっとよみがえってくる感じがして、心を動かされます!
そして絵の中に小さなメッセージも含まれていますので、来院される機会があったらぜひ近づいてじ~っと見てみてくださいね。
またこんな風にお祭りを楽しむ日が来ることを心から願っています。

それからもう1枚、同じ外来のピアノの上に飾られている絵は、深い緑の森の中に咲く「ニリンソウ」がテーマになっています。実はこれ、新築移転する平岡の「シュヴァービングの森」を描いています。見ているだけで森林のさわやかな空気が感じられて気持ちが落ち着いてきます。
ちょうど今新築移転先の設備について、建設会社の方と打ち合わせていた最中でしたので、院内のカフェからはこんな風景がきっとみられるのだなあと思います。

これらは当院の元看護部長さんの作品です。
お仕事を退職されてから趣味で描いておられ、季節の折々に持ってきてくださっています。身近な風景が多く、ときどき患者さんとご家族さんが絵を前にして「懐かしいね」なんて話しているのを見ると、私はひとりで嬉しくなります。
それにしても一枚一枚最後まで描き終えるってすごいなあ!!

いつまでも大好きな絵を描き続けてほしいと思っています。

今日もこのブログに来てくださりありがとうございます。
病院愛に満ちている!

禍だけじゃない、コロナによる進化

緊急事態宣言が解除されていよいよ6月1日から社会生活が再開されます。
新型コロナでひとつ良かったなと思うことに、会議や研修のオンライン化があります。
当院では年に24回以上の職員向け研修会を開いておりました。
それらは仕事が終わってから17時以降に開かれていました。

医療安全や感染管理の研修は職員全員が出席しなければならないので、150人の職員のうち50名くらいが当日参加します。
残りの100名は、後日3日間にわたって開かれるビデオ補習に参加して、ようやく100%出席を保っていました。
総務課にはこれまでのご苦労に感謝です。

これを機に準備中だったe-ラーニングを一気に推し進めました。
病院のホームページに職員専用ボタンが置かれ、ログインすると講座を受講でき、出欠も確認できるようになりました。

それと先月から会議アプリzoomを使って、病院とクリニックの会議を開いています。
クリニックまでは直線距離でも約10㌔ほど離れていますので、移動時間がなくて大変便利です。
時間短縮・ガソリン節約で、お互いの顔を見ることができていいものです。

そしてさらにステップアップして大学教授の特別講演会を開きました。
先生はご自分の大学にいたままで、講義してくださいます。
講義室では後ろに座るとスライドがよく見えない、ということがありますがその心配もありません。
その日お休みだった職員が、自宅でzoomから参加してくれました。
画面にお子さんの姿がちょっと映ったりしてほほえましいです。

年度初めの「全体集会」も、今年はzoomで開きました。
これは前野総長・四十坊院長・クリニックの藤原院長が昨年を振り返り、今年度の目標を発表する場でして、ここには講義室参加が25名くらい、zoom参加は24名でした。
無論すべてが録画されて、先のe-ラーニングとして受講することができます。

コロナがなかったら、おそらくここまで来るのに1年以上かかったでしょうが、方法は目的と状況によって変わる。
この流れは制限が解除されても元には戻らないでしょう。
もちろん、顔と顔を合わせてのリアル会合も徐々に復活するでしょうが、会場を借りなくてもいい、人が移動しなくても時間さえ合わせればいい。
自宅で楽にしながら必要な学びを得られるというのは、とてもよいなあと思っています。

今日もこのブログに来ていただきありがとうございます。
いろいろな側面から、考えてみようと思います。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 20