札幌南徳洲会病院 看護部

文字の大きさ変更

サイトマップ
0118830602

札幌南徳洲会病院看護部長 工藤昭子の やさしさビタミンブログ

既成概念をぶっ壊せ

こんにちは。やさしさビタミンブログの工藤昭子です。
今、私は6月19日に行われた、新病院の竣工式の余韻を味わっています。
3年前、ちょうど台風と北海道ブラックアウトの間に行われた基本設計の話しあいから始まって、コロナ禍をくぐりぬけ、事故も遅れもなくこの日を迎えられたことにまずは感謝したいと思います。
建物の建設というのは、こんな風に話しあって進むものなのか、とこのたび初めて知りました。
私たちのイメージを伝え、設計会社さんがそれを受けて提案してくれる。
「病院らしくない病院を作りたい」「日本一のホスピスを」と言っている私たちが、実は「病院」というこれまでの既成概念に縛られていることを、何度も感じました。

例えば「ナースステーション」という場所は普通の病院では医療者しか出入りしない場所です。そこには患者さんの個人情報や厳重管理の物品があります。患者さんとの対話でプレッシャーを感じた看護師が、素の顔に戻る場所でもあります。窓口がオープンでも、患者さんから見ると見えない城壁がとり囲んでいて、気軽に立ち入ることはできない場所なのです。

新たな病院はその壁を取り払い、病室=患者さんのお家と考えて、お家から出てきてちょっと世間話をしたり、一緒にお茶を飲んだりできるような広場になっています。
設計会社さんからの提案に最初は面食らったものの、時間をかけて話しあっていくうちに、物理的に城壁を開放しなければ、本当の意味で「寄り添う」ことにならないのではないか?と思うようになってきました。

それから「すてきな階段」を作りましょう、と何度か言われました。
「すてきな階段ってなんだろう?」と?マークで頭がいっぱいになりました。
予算とスペースを有効活用するために、職員が通る階段の踊り場にミーティングスペースを作ってくれました。ちょっと数名が集まって話しあえる場所ってとても重宝します。
ましてや今は黙食の時代ですから、休憩スペースがたくさんあることはとても大事なのです。


こんな風に、既成概念をぶっ壊していくきっかけがあって、いろんなことが進化していくのでしょう。
話しあい、時に熱く闘い(笑)、建築の方が形にしていく。それぞれの専門分野から様々な意見を出し合いまとめていく。これまたチームの力だと感じました。その根本には「ホスピスのこころ」「日本一のホスピス」という理念がありました。

コロナ禍のため、竣工式とセレモニーは少人数で行いました。
感謝と労い、それぞれの温かい思いが交流し、何度も胸が熱くなりました。
クラスターのために心が塞がっていましたが、私たちらしい、あたたかなセレモニーになったことに感謝します。

この素晴らしい建物に、魂を入れるのは私たち。
これからもホスピスのこころを大切にする病院であるように、との思いを強くしました。

今日もこのブログに来てくださりありがとうございます。
近々web内覧会を設置の予定です。お楽しみに!

キットイミガアル

こんにちは。やさしさビタミンブログの工藤昭子です。

新築移転が目前に迫り、院内はどの部署も忙しくなっています。
この週末、札幌は真夏のような暑さでした。
ボランティアの園芸部の方たちが、新病院・正面玄関前のスペースの土を入れ替えてくれました。これから少しずつ花壇が作られていきます。
新しい建物に彩りを添えてくださって、ありがとうございます。

クラスターが起きている間、植物には正直手が回りませんでした。
日々状態を見ながら水やりをし、声をかけられなかった約2か月。
「心を亡くす」の文字通り、忙しすぎてあらゆることへの丁寧なかかわりを失っていました。
イチゴ畑は受粉ができなくて、実がほとんどつかず。
水と光と手入れ・・手をかけてもらえなくて、イチゴも不自由だったでしょう。

振り返ると、患者さんに日々行っていたケアも同じことが言えるのです。
身体に触れ、笑顔で話しかける。
時にはじっくりそばに寄り添ってお話を聴く。
たっぷりと泡立てた石鹸で体を洗い、お湯に浸かっていただく。
こんな当たり前の日常を、コロナウイルスのため制限しなくてはなりませんでした。

看護師たちはどれだけ葛藤の中にいたでしょう。
クラスターの中、対策が次々変更し、じっくり話しあうこともできず、先が見えない日々。
必要なケアを十分にできないのなら、看護師ってなんのためにいるんでしょう?
そして短時間で去っていく看護師の姿を、患者さんはどう見ていたのでしょうか。
ある日突然宇宙人のような姿で病室に来た看護師を見て、心細くさせてしまったかもしれません。

ナースステーションに「(クラスターが)解除になったらしたいこと」と題して
*お風呂でしっかりキレイにしてあげたい
*シャンプーで2度洗いしてあげたい
などと大書してありました。
こんな当たり前のことが実現できて、ただただうれしいです。

心と体が喜ぶようなケアは、単なる時間だけでは測れません。
これからもコロナウイルスと付き合っていかなければならないなら、手探りし続けないとなりませんね。
きっと意味があるからこの試練があったのだと思います。

今日もこのブログに来てくださりありがとうございます。
「おかえりモネ」の影響で空を見上げることが多くなりました。

新しい札幌南徳洲会病院で働きませんか?

札幌南徳洲会病院、看護部長の工藤昭子です。

当院では7月5日(月)から移転オープンを目指し、現在準備を進めているところです。
新しい病院は緩和ケア病棟20床が2病棟、障がい者病棟48床、透析室25床となります。
先日までクラスターの対応をしていたため、大きな声で言えなかったのですが、実は病棟で働く看護師さんを若干名募集中です。24時間保育所も併設しております。
勤務は8月から来ていただけるとうれしいです。

障がい者病棟・緩和ケア病棟いずれも8月から勤務できる方、ぜひご連絡ください。
詳しくは下のボタンからお問い合わせフォームへ。
ご応募お待ちしています。

お知らせ, 札幌南徳洲会病院看護部長 工藤昭子の やさしさビタミンブログ> | 更新日:2021-06-10

ブログ、再開します

ご無沙汰しておりました。
やさしさビタミン・ブログの工藤昭子です。

4月17日に始まったコロナウイルスのクラスターは6月3日にようやく終息を迎えました。
この間にお亡くなりになられた方のご冥福を、心からお祈り申し上げます。
クラスターがなければ、ご家族との時間が過ごせただろうに、普通にお別れができただろうにと何度も思います。
患者さんとご家族の気持ちを思うと、申し訳なく胸がいたみます。
また、外来患者さんや健診を予約されていた方にもご迷惑、ご心配をおかけしました。

病院の日々を書き留めることが私の楽しみでもあったのですが、ことこのクラスターに関してはとてつもなく強大な力で振り回され、食欲も笑いも失うくらいのエネルギーで圧迫され続けました。
今も緊張感を緩めてはいけないという、妙な力が入ったままなのを感じています。

それでも、今立ち現れる現象や感情というものは、今書かないと霧散霧消してしまう、という風にも思います。
何を学び何が辛かったのか、どうして感情がささくれたのか、こんな中でも良かったことはなんなのか、それを拾い集めて書くことはキツイ作業ですが「でも必要なことだぞ」と自分の中心が言っているのです。

ひと息ついたら新病院に頭を切り替えて。

落ち着きのないブログになっていきそうですが、
まずはご心配いただいた皆様へ、ご報告として。

お知らせ, 病院の日常風景, 札幌南徳洲会病院看護部長 工藤昭子の やさしさビタミンブログ> | 更新日:2021-06-08

一語一笑(いちごいちえ)ふたたび

目標を立てるときというのは、ずいぶんと考えるものです。
看護部の目標というのは、そこに何を意味付けするのかを折に触れて伝え続ける必要があると思っています。
事業上の定量化できる目標、たとえば事故を減らし患者さんの回復を高めるようなことは、当然行動計画の中には入っていますけれども「安全な療養環境を提供する」というような目標は当たり前すぎて、私は掲げる気持ちにならないのです。
それでどちらかというと人材開発や仕事への姿勢のような、定量化できない目標を掲げるようになっていきました。
ただ、これだけだと何かとても偏っているような感じがして「これでいいのかなあ」とも思っていました。
まあ、要するに自信がなかったんですね(笑)。

昨年の目標「一語一笑」について、ひとりひとりのシーンをまとめ音楽をつけて
e-learningにしたことを以前ここで書きましたが、その後e-learningを見た職員の感想がまとまりました。
一読して私は鳥肌が立ちました。

96%の看護職員が視聴してくれ、なおかつアンケートにも答えてくれました。

「今年度の目標、一語一笑を意識した看護ができましたか?」という設問には
かなり意識できた・・・・・・12.5%
少し意識できていた・・・・・59.7%
あまり意識できなかった・・・26.4%
全く意識できていなかった・・1.4%
という結果でした。

なんと7割以上の人が「一語一笑」を意識してくれていました。
すごいなあ。こんなにたくさんの人が? 正直びっくりしました。

自由記載の欄にかかれていたことを少しだけご紹介すると・・

💛時間に追われてできないことがありました。e-learningでいろいろなエピソードを知ることができました。繰り返し見ることができるので、よいと思いました。
💛もう少し時間を取って患者さんと関わりたいと思うけれど、一言だけでも十分関われることがあるんだなと思う瞬間がある。忙しくても一言一言大切に過ごしたい。でも自分の心が元気じゃないとできないこともある。だから自分自身のケアも大切にしたい。
💛「一語一笑」ってどういうことなのかなあと思ったまま一年が過ぎました、すみません。でも今回のe-learningを受講して「そういうことだったんだ!」と理解しました。この一年を振り返ってみるとたくさんの「一語一笑」があったなあと思いました。他の方の素敵なエピソードに感動し、涙が出てきました。
💛一語一笑のシーンはもっとたくさんあるはずなのに、忙しさに流され忘れてしまうから、「これは」と感じたことを書き留めておこうと思います。
💛素敵な動画でした。夜に見たのですが、今日の疲れが取れました。癒され、感動して泣きそうになりました。素晴らしい感性のある方々ばかりだと確信し、一緒に働けることがうれしくなったし、明日からも頑張ろうと思えました。ぐっすり眠れそうです。
💛自分の気持ちに余裕がないとき、時間に追われているときは笑顔がないんだろうな。患者さんにバレバレだったんだろうな。今日から、今からできるだけのことをしよう。人生はたいした長くないから。
💛特別なことではなく、何気ない一言が大切なのだなと感じました。
💛私たちがアクションを起こして患者さんを元気にすることばかり考えていましたが、私たちも患者さんから笑顔をいただいているなと改めて気づきました。

目標がよくわからなかったという人も、みんなのエピソードを共有することができたことで、1年経って「そういうことだったんだ!」と気づくことができました。こうした発見をした人は「なるほどじゃあこれからやってみよう」という行動になりそうですね。
「日々の忙しさに流されぬよう、書き留めておこう」それもいい決心です。一日の終わりに手帳に書いておくといい足跡が残りますね。
掲げたことを実現するのは一人一人の職員です。教育委員会が作ってくれた効果的なe-learningのおかげで、集合研修じゃなくても、むしろ一人ひとりの声を拾い上げることができました。

私自身は、伝えたから伝わっているはずと思うなかれ、と肝に銘じました。その人が関心を持って取り組むのには、きっかけと価値の受け止めが必要と改めて感じました。
まだまだ修行が足りません。でも目標がこんな風に日々の姿勢に染み入ることができて、うれしかったのです。

今日もこのブログに来てくださりありがとうございます。
毎日コツコツ。

お知らせ, 札幌南徳洲会病院看護部長 工藤昭子の やさしさビタミンブログ, マネジメント> | 更新日:2021-04-12

キリっとして優しい

今年も4月1日に、新しく8人の仲間を迎えました。
人生の転機に当院で働くことを決心してくださり、ありがたく思います。
どうかケアをする仲間として、末永く共に歩んでいけますように。

同じ日、主任1名と副主任が2名、昇格しました。
これまでの頑張りと人柄を認められ、これからの未来を期待されてのこと。
完璧な人などいないので、気負わずみんなの力を借りながら共に学んでいきましょう。

それからこの日は制服を一新した日でもあります。
まっ白い白衣から、カラフルなユニフォームへ。ピンク・ラベンダー・ターコイズブルーの3色から、自分で好きな色を選べる仕組みにしました。初日はみんな照れくさそうにしていましたが、同僚から「似合うね」「いい色だね」と褒められ、患者さんからも「かわいい」と褒められ、なんとなく病院全体が春めいた感じに華やいで、にこにこしている人が多かったように思います。

お友達からは「キリっとして、優しい」と評していただきました。
まさしくそれが私たちの目指したところなのです。
自分たちが専門職としてキリっとできて、でも患者さんから見ると優しく見える。
それが届けばいいなあと思っていたので、うれしい言葉をいただきました。
モチベーションって、着るもので変わるものですね。

さて新しい病院は内装工事が進み、外観もはっきりしてきました。
設計パース図と同じ外壁で、温かく落ち着いた色合いです。
トイレの表示をどうするか?というのが最近の話題。
この頃公共建築物はLGBTや障がいに配慮して、誰でも入れる「みんなのトイレ」という表示が多いのだそうです。
でもまだまだそういう観念に追いついてない私たちは「男性が入った後に入るのは抵抗がある」「いや、女性の入った後に男性が入るのも抵抗がある」というので表示が決めきれません。でもこういう議論は大事だなと思います。今を生きる私たちの感じ方と、少し先の時代とを考えながら、弱さに合わせて最善策を見つけていくのでしょう。

今日もこのブログに来ていただきありがとうございます。
3色のうちピンクが一番人気でした。

お知らせ, 病院の日常風景, 札幌南徳洲会病院看護部長 工藤昭子の やさしさビタミンブログ> | 更新日:2021-04-05

一語一笑(いちごいちえ)

令和2年の春、「一語一笑」を看護部の目標にしました。
たった一言が誰かのこころを救ったり、あるいはくすっと笑えたりするように、私たちは言葉を大切に発しよう、というねらいでした。

1年が終わり「これは一語一笑のシーンだったなあ」と思う出来事を、ひとりひとりから集めました。
その前年は「よりそうこころ」がテーマで、みんなから集めたエピソードがあまりにもやさしさにあふれていたので、冊子にして配布したのでした。
今年は今年らしく、言葉と音楽を使って画像にまとめることになりました。

ほんの一部ですが、少しご披露しますね。

💛「認知症の親御さんと二人暮らしの娘さん。イライラして親御さんにつらく当たることも多く、そうすると認知症の症状も悪化していました。お二人が来院時に、“大変だけどよく頑張っていますね” と声をかけたら娘さんは笑顔になり、それを見た認知症の親御さんも笑顔になりました」

💛「退院するとき、たくさんのスタッフが外にお見送りをするため集まりました。
(患者さんの)息子さんが “これじゃあ有名人だな” とおっしゃいました。
私は “ええ、有名人でした。私たちをたくさん楽しませてくれました” と伝えると、息子さんは “そういっていただけるとありがたいです” と言って笑顔で帰って行きました」

💛「入院してまもない頃、スタッフから患者さんへお誕生日メッセージを贈りました。それを見て涙を流して感謝の言葉をいただきました。入院したばかりでまだコミュニケーションが十分でないときでしたが、一瞬で打ち解けた気がしました」

💛「ホスピスに入院したことを受け入れられない患者さんがいらっしゃいました。
私はその方に “ホスピスに休憩にいらしたんですね” と声をかけました。
患者さんは ”休憩“ という表現はいいですね、とおっしゃって、表情が和らぎました」

看護者が救われた場面もあります。

💛「病室で、とある患者さんの点滴がなかなか入らなくて苦労していたら、同室の患者さんから “頑張って” と声援がありました。それにつられて他の患者さんからも “頑張れ” と声援があり、心強かったです」

💛「私は患者さんに対応するとき、いつも笑顔を心がけています。
何名かの方から “その笑顔に元気をもらえる。ありがとう” と言っていただき、心が温かくなりました」

💛「患者さんのご家族に “この病院で看取れてよかった。後悔のない看取りができた。最後きれいな顔にしてもらえて、優しい顔でよかった” と言ってもらえました。お役に立てて、うれしくなりました」

くすっと笑う場面もあります。

💛「夕食の献立の紙を見て “今日のお魚はソイですって。あ~ソイソイ!” と声をかけましたら、患者さんも “ソイ!ソイ!” と声を出して笑ってくれました。うれしいですね」

今日もこのブログにきてくださりありがとうございます。
キラキラした宝物です。あ~ソイソイ!

お知らせ, 病院の日常風景, 札幌南徳洲会病院看護部長 工藤昭子の やさしさビタミンブログ> | 更新日:2021-03-29

ケアする人びと 公認心理師 阿曽加寿子さん

当院には医療の専門職者のほかに心やスピリチュアルなことを支える専門職が在籍しています。
「ケアする人びと」本日は公認心理師・阿曽加寿子さんをご紹介します。

私(工藤)は30歳くらいのとき、整形外科病棟に勤めていました。
整形外科というところは骨折や加齢による変性疾患を診るところなんですが、手術して痛みが取れて歩けるようになれば、すべての人がハッピーというわけではなく、人が回復するプロセスには身体的なものと心理的なものとのバランスが深く関わっていると感じました。
それで入院中にもっと心理的な援助ができたらと考えて、カウンセリングを学びに行ったことがあります。

カウンセリングで心の奥にあるものを緩めたり解放できたらと思ったのですが、それはずいぶん傲慢なことだったなあと今は思います。
もちろんカウンセリングが役に立つこともあるのですが、聴き方の姿勢としてはそれだけでは足りなくて、経験や手法だけの問題でもないと感じてはいたものの、その時は自分の中で消化できていませんでした。

今回公認心理師・阿曽先生のお話を伺って改めて感じたのは、心理的援助とは、相手のお話をニュートラルに聴いて、相手の方が何を求めておられるのか、それをキャッチして合わせていくことなんだなあという風に思ったのです。

ところで「公認心理師」という職業、ご存じですか?

ー以前は「臨床心理士」という資格だったのですが、2018年に国家資格になり「公認心理師」に変わりました。心の問題で支援の必要な方の相談や援助とともに、その方の関係者に対する相談、心の健康に対する教育や情報提供を仕事内容としています。
「臨床心理士」や「認定心理士」は民間資格で、「公認心理師」は国家資格です。ー

この、国家資格への変更があったこと自体がまだまだ知られていないと思います。
そしてどんなふうにホスピスや臨床と関わっている仕事なのか、詳しくは「ケアする人びと」をご覧ください。↓

https://sapporominami.com/wp/wp-content/uploads/2021/03/%E5%85%AC%E8%AA%8D%E5%BF%83%E7%90%86%E5%A3%AB.pdf

 

お知らせ, 札幌南徳洲会病院看護部長 工藤昭子の やさしさビタミンブログ, ホスピス・緩和ケア> | 更新日:2021-03-22

少年の夢

新病院の建築がどんどん進んできました。設計開始からもう2年半くらいになります。
計画・実行したことが、明らかに目に見える形になっていく。
棚の位置ひとつ、テーブルの角ひとつまで、私たちの想いがち密に出来上がっていく。
当たり前のことなのでしょうが、正確に立ち上がっていくことに「すごいなあ」と感動しています。
そしてまだまだ寒い中で働く現場の方々にも感謝しています。

先日も現場会議のあとに内部を見学させていただきました。
いつも「ここは透析室、ここはデイルーム」と頭の中の図面と突き合わせながら歩きます。
天窓から降り注ぐ陽の光、病室の大きな窓、広い浴室。
患者さんと職員が喜ぶ姿も、もうあと数か月で見られます。
見学を終えて、案内してくれた建設会社のYさんに、私は一度聞いてみたかったことを尋ねました。

―Yさんは、何歳くらいのときに建築の仕事を目指そうと思われたのですか?―
Yさんの答えは明快でした。
「小学校2年生の時です。東京ディズニーランドができたのが小学校2年の時で、そのときテレビでディズニーランド建設の裏話をやっていたんです。ディズニーランドはもともとおとぎ話なので、設計図は一から作らなければならなくて、日本のディズニーランドが一番正確だとその番組で知りました。それを見て将来は建築に進もうと思いました」

うわ~聞いてよかった。なんだかY少年のキラキラする顔が見えた気がします。
私はYさんの話を聞いて、ドラッカーの石切り工の話を思い出しました。

【ドラッカーの本に出てくる石切り工の話】
三人の石切り工の昔話がある。彼らは何をしているのかと聞かれたとき、第一の男は、「これで暮らしを立てているのさ」と答えた。第二の男は、つちで打つ手を休めず、「国中でいちばん上手な石切りの仕事をしているのさ」と答えた。第三の男は、その目を輝かせ夢見心地で空を見あげながら「大寺院をつくっているのさ」と答えた。(『マネジメント 下』)

Wikipediaで読むと夢の国ディズニーランドを作るプロセスには多大な困難がありました。でも人々を幸せにしたい、笑顔にしたい、という気持ちの人たちがこの難題を乗り越えて作ったのでしょう。
そしてその物語に胸を熱くした少年が、今は私たちの病院を作ってくれている。
大寺院を作っていると言った石切り工は、人々の安寧と穏やかな祈りの場を作ろうとしていたのでしょう。
Yさんの話を重ね合わせて聞きました。

今日もこのブログに来てくださりありがとうございます。
人はいろんな思いを胸に持っている。

お知らせ, 病院の日常風景, 札幌南徳洲会病院看護部長 工藤昭子の やさしさビタミンブログ> | 更新日:2021-03-15

マスクをつけた五人囃子

コロナ禍になってから院内のボランティア活動は休止してきたのですが、少しずつ、数人ずつ健康観察をしながら始まっています。
昨年の今頃はマスクが手に入りにくくなっていたので、手作りマスクやフェイスシールド、ビニールエプロンをたくさん作っていただきました。おかげで私たち、心丈夫でした。
院内各所の季節の飾りも、患者さんと接しないように配慮しながら、毎月変えていただいたので、ありがたかったです。

3月3日の桃の節句に先駆けて、ホスピスと外来待合室に7段飾りを出していただきました。
五人囃子にはマスクが付けられているのも今年ならではのことです。

人間お内裏様は着付けチームが美しく着付けてくださいました。
今年は臨床宗教師の米本さんとナースのIさんのお二人です。

ひな祭りのお菓子と甘酒、バラや椿の造花に手作りカードが添えられました。
おひとりずつ届けて、季節の行事を感じていただけたんではないかなと思います。


喜んでくださる患者さんを見て、私どもの病院にはボランティアさんたちの活動が、欠かせないものになっていることを、つくづく感じました。
マスクなしでおしゃべりしたり、集まって何か一緒にするということがずいぶん昔のことのように思います。
その自由さがどれだけ幸せなことなのかを、しみじみ感じられたこの一年でした。

今日もこのブログに来ていただきありがとうございます。
もしボランティアさんがいなかったら・・?
どんなにか色彩のない、殺風景な病院になるでしょうね。

お知らせ, 札幌南徳洲会病院看護部長 工藤昭子の やさしさビタミンブログ, ボランティア> | 更新日:2021-03-08
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 24