鬼は外 福は内

| 季節のイベント |

気が付けばお正月の更新をしていませんでした!

新年のご挨拶もせずにすみません。

ホスピスでの一日は今日も静かに穏やかに過ぎていきます…

と言いたいところですが、今日は午後から

感染対策をした鬼が二人やってくる予定です。

すこしだけ賑やかになるかもしれません。

節分の飾りは3日で終わってしまうので、

今年はお正月飾りは鏡開きの日にサっと片付けて

節分モードにしました

ん? いつものムーミンも…

ケアワーカーのnさんがムーミンに鬼のカツラをかぶせてました!!

なんかかわいい…笑

ネズミちゃん&ミッフィも鬼に変身!

(こちらもnさんの仕業…)

nさんはいつも小技のきいた飾りを黙って仕掛けてきて

あっとまた飾りが変わってる!「nさんだ!」と思うと

「ばれたか」とにこにこしています(^O^)

First Christmas

| 季節のイベント |

平岡に越してきてもう5か月以上が経ちました。

季節は過ぎ、あっという間に年の瀬です。

雪がなくあたたかい日が続いていた札幌でしたが、

先週からの一週間で記録的な降雪となり、あっという間に雪景色。

雪のまぶしさってこんな感じだったなーと思いながら通勤しています。

病院の周りに街路樹は針葉樹が多く、白い雪が葉に積もっている道路を

通って病院が見えてくる景色が結構すきな私です。

この建物になってから初めてのクリスマス。

新しくなり飾る場所も増えたのもあって、

院内でも様々なクリスマス飾りが施されています。

↑今月のボードです~がんばりました(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

面白いのがホスピスの東病棟と西病棟で

飾り付けのテイストが全く違うところです。

東病棟は赤を基調としたクリスマスらしい華やかでかわいらしい飾り。

西病棟はシンプルで色味を抑えた飾り。

造りは同じでも飾る人によって違う面白さがあります。

↑ネズミ仲間発見!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

22日、ホスピスのクリスマス会がありました。

サンタやトナカイ、その他大勢の妖精たち?がお部屋を訪問したり

可能な方はラウンジまで足を運んでいただき写真撮影をしました。

皆でチキンやケーキを食べていた頃が懐かしくもありましが

新スタイルのクリスマス会もなかなか盛り上げっていました♪

なんと!newツリーが便利なキャスター付きでした。

お部屋にツリーを持ち込んでの撮影となり写真も豪華な仕上がりでした♪

 

ハロウィン支度

| 季節のイベント |

すっかり寒くなってきた札幌です。

つい数週間前までは晴れていたら半袖になっていた日もありましたが

昨日は朝起きると窓から見える山々が雪化粧。

遂に来てしまう冬。毎年のことながらちょっぴり憂鬱です。

冬になる前のイベントとしてすっかり定着したハロウィン。

何のお祭りだったかな…と由来がわからなくなりつつありますが、

オレンジと紫と黒の組み合わせにも目が慣れてきて

かわいい飾りやお菓子を見ていると楽しい気分になります。

ホスピスも来週のハロウィンに向けて

担当さんがかわいく飾ってくれています

カボチャの下の影がドーナツみたいでかわいいんです♪

私がいるチームケアステーション(西)もプチハロウィン

遠目にはわかりませんが…

よーくみるとおばけ♪

猫を怖がることなく

力持ちのネズミがカボチャをよいしょー!

ムーミンは魔法使いになっています♪

割りばしと毛糸で作ったほうきは私の手作りです(^O^)/

 

・・・・・・・・・おまけ・・・・・・・・

今週のお花♪

 

 

ちいさな幸せ

| 季節のイベント |

ホスピス病棟ナースステーションに4か所ある、

各部屋やお風呂、などの案内板。

北海道らしいかわいい動物たちのシルエットになっています。

実は裏に一輪挿しがありました!

全然知らなかった私ですが、

他のスタッフは意外と知っていました…

知ってしまうと、どうしても花を飾りたくなりました。うずうず…

かわいいー♪

お月見

| 季節のイベント |

昨日は中秋の名月でした。

札幌でも場所によってはとてもキレイな月が見えたようです。

 

ホスピス西病棟のお月見の会は本日22日に開催。

ウサギさん達が各病室を回って記念撮影中です。

昼間のお月見ということで、月は手に持てるサイズになっています(^O^)

あいにくのお天気となりましたが、ウサギもいるし月もあります。

ボランティアさんお手製のカードやウサギドリンクもあるし、

音楽の工藤先生の素敵なBGMもあって盛りだくさん。

笑い声が響く楽しいお月見となっているようです。

ドクターもウサギで診察!?

病棟受付前も飾り付け。

小さなウサギ2匹が月を見上げています

こちらは病院の入口です。今月のボードは私が担当しました。

お月見が終わると秋が深まりそうですね。

寒くなってきそうです。体調を崩さぬようお気を付けください。

 

おひさしぶりの

| 季節のイベント |

なんと。半年ぶりの更新となります。

そんなにも長い事更新していなかった実感はなく、あれよあれよという間に過ぎていった時間でした。7月4日に引っ越しが終わり、ホスピス病棟は「西」と「東」の2つになりました。私、uは西病棟に勤務しています。里塚のとーっっても味のある旧病院からピッカピカの新病院に勤務して一カ月、ようやく色々と慣れてきました。

ホスピス西の入り口を入ったところです。
ここを進んでいくと…
ナースステーションが見えてきます。
天井がとっても高いです!
一カ月が経ち、少し味が出てきました(笑)
奥には「みんなのデイルーム」があります。
今は残念ながらお茶会はありません。  
早く患者さんや家族がここで
過ごせるようになれたらいいですね。

新しい病院は院内の至るところでセキュリティーのためドアがロックされています。これをカードキーで開けるのがなかなか大変です。例えば、ホスピス西から薬局まで行くのに合計5つのドアを開けねばたどり着けないのです。そして薬局から大量の薬が入ったカゴを抱えて歩いていると、なかなかキーをカードリーダーにかざすことができません…毎回ワゴンを持参すればよいのですが、持参していない時に限って大量のカゴがある「薬局あるある」…。そんな新しい病院のご紹介も少しずつ出来たらなーと思います♪

今日は引っ越して来てから初めてのイベント「七夕」が開かれます。西と東の間にあるラウンジで「射的」「わなげ」「ヨーヨー釣り」の縁日を開催。密にならないよう、スタッフが工夫して考えたイベントです。一日で2つのホスピスでイベントを行うのももちろん初めてです。コロナ禍で、患者さんがお部屋から出てくることはお風呂と検査以外はほとんどありません。今日は患者さんの笑顔がたくさん見られると良いなーと思います。

さて…今年の織姫と彦星は誰でしょう…

もう準備してくれているみたいです♪

ボランティアさんが素敵な飾りを
つくってくれました♪

ロゴマークのおはなし

| 季節のイベント |

当院は今年の7月に移転予定です。

新しい病院になるにあたって当院のロゴマークが少し前からできました。

デザインは私、ホスピスクラークのUが担当しました。

デザインの勉強等は一切していなかった私に、入職時からデザインを任せてくれたチャレンジャーは前野総長です。初期のチラシやポスターは今見ると赤面ものですが、先生は「いいねーまたよろしく」「これもよろしく」と、どんどんずんずん頼んできます…(笑)そのお陰で(?)デザインも少しずつですが出来るようになっていきました。

今回のロゴも依頼された時には「本職の人に頼んだ方が…」と怯えましたが(笑)、最終的には納得のいくものを作ることができました。自分が作ったロゴが封筒や名刺に入っていたり、ユニフォームにプリントされることが決まったり…。とてもありがたいですし嬉しい気持ちでいっぱいです。

病院のロゴは3つのh(hospitality healing hope)を大切にする病院、病院らしくないお家(home)にいるような気持ちになってもらいたい…という想いを込めて小文字の「h」を家の形にしています。これはすぐに決まりました。

そして、今まで私が作ってきたロゴはキャラクター感の強いものばかりだったのですが、今回は極力シンプルに…ということを意識しました。鳥の部分は最初は花のようになっていたのですが…

何か物足りない、シンプルにといってもシンプル過ぎる…と思っていました。看護部長にそのことを話し、「自然豊かな場所に建つ病院なので自然を感じられる何かが良いと思うのですが思いつかなくて…」と二人で話していると急にピカッと閃きました。「小鳥とかかわいいですね!」と私が言うと部長が「小鳥モチーフ好きよー」と答えてくれました。そこからはパパッと出来上がりました。一人で悶々と考えていると思いつかなくても、誰かに見せたり話したりすると思いつく事ってあるんです(*^_^*)

新しい土地で新しい患者様や地域の皆様、もちろんいままで通っていただいている皆様にも愛されるものになれたらいいな…と思っています。

↓こちらが歴代の私が作ったロゴマークです。とにかく顔をつけたくなるんです(^_^)

新年あけましておめでとうございます。

今回の年末年始は家で過ごした方も多いかと思います。私も家とスーパーと近所へそり散歩の日々でした。

今年はどんな一年になるのでしょうか…。

このご時世、希望に満ちた一年になりますように!とはなかなか思えないのが悲しいところではありますが、それでもやっぱり思わずにはいられませんね。今の現状が少しでも好転することを願います。

病棟の飾りももちろん新年バージョンです。賑やかに、華やかに飾られています。

シルバニアのリスファミリーのお節の豪華なこと!

食べきれないかもしれませんね(*^_^*)

ホワイトクリスマス

| 季節のイベント |

雪がなかなか降らないなと思っていたら、ちゃんと降りました(しかも多めに…)

あっという間の銀世界。雪かきがいやだーという声もありますが、子供たちはそり遊びができると喜んでいるのではないでしょうか。我が家も土曜日にソリに載せてお散歩…だけではもちろん終わらず、公園でそり遊びをたっぷりしました。

様々な制約の中で生活している今年、クリスマスも皆でワイワイ…というわけにはいかないですが、家の中を飾り付けてクリスマスムードを感じるのはいかがでしょうか。

わたしは毎年ミュンヘンクリスマス市で何かひとつ飾りを買う、というのを続けています。今年は残念ながら中止になってしまったので、一昨年購入した家の形のキャンドルホルダーに火を灯して楽しんでいます。そして今年は木の枝を拾ってきて、そこに元々持っているオーナメントやライトを飾ってみました。それだけでもなんだかいい感じ♪

クリスマスは一年のイベントの中で一番飾りが多く売っています。100円ショップにもデザイン性の高い物が多くあります。気に入ったものを買って飾り付けて、家の中での時間をゆっくりと過ごすのもいいかもしれません。

ホスピスでも賑やかで楽しい飾りつけがされています。15分間の短い面会時間ではありますが、通りがかりに家族の方も楽しんでいただけているようです。患者様もリハビリ中などに「かわいいね」と話しています。

毎週のお茶会は現在行っていませんが、クリスマスの飾りはボランティアさんが来てとても素敵に飾り付けてくれています。ツリーは私とワーカーさんで仕上げました。

来年は…デイルームで賑やかなクリスマス会ができるといいなぁ…

慰霊祭「こもれび」

| 季節のイベント |

2020年11月4日、当院4階講義室において、慰霊祭「こもれび」が開催されました。2012年より開催しておりますこの会は、当院でお看取りをさせていただいた患者様への慰霊を、ご遺族の方々と当院職員が共に行うものです。今年は新型コロナウィルスの感染状況を鑑みて、当院職員のみで執り行いました。

御遺族の皆様には慰霊祭のご案内と共にボランティアグループ「せら」作成の押し花を使ったしおりをお届けいたしました。

前野宏総長の挨拶の後、臨床宗教師の米本さんよりお言葉をいただきました。

黙祷の後、総長、四十坊院長、工藤看護部長、下澤事務長がそれぞれ献花を行いました。その後、当日勤務をしていた100名ほどの職員が次々と訪れ献花を行いました。

今年の献花は、園芸療法士としてボランティアに来てくださっているTさんのアイディアと協力を得て、4つの花器を用意し、そこに一輪ずつ花を挿していき、全員でアレンジメントを作り上げました。

優しい色合いのアレンジメントが作られ、外来と各病棟に飾りました。今年の慰霊祭はコロナ禍での開催となり、ご遺族の皆様と共に故人を偲ぶことが叶いませんでしたが、職員一同で献花をさせていただき、患者様とご家族の皆様との出逢いとかけがえのない時間を共に過ごさせていただいたことへ改めて感謝をする貴重なひとときとなりました。ありがとうございました。

慰霊祭の動画をご覧になりたい方はこちら↓をクリックしてください。