» ファイターズ関連のブログ記事

みなさん、こんにちは。つい先日まではこんなに寒くて北海道には夏が来ないのかと思っていましたが
週末から一気に夏になってきました。日中はもちろん暑く、湿気もあり、辛い暑さです。でも、ようやく
暑い!と言える季節が来てホッとしています。やっぱり夏は暑くなければ。北海道の短い夏を楽しみたいと
思います。

我ら北海道日本ハムファイターズはオールスター戦後は快調に飛ばしております。首位福岡ソフトバンク
ホークスとは7ゲームも離されていたのですが、最初の福岡での3連戦にソフトバンクに3連勝して一気に
調子が上がってきました。その前のソフトバンクとの戦いでは3連敗しており、借りを返したという感じです。
投手の方は有原投手以外の先発投手は計算ができないのですが、こまめに投手を入れ替えながら今年は
うまく戦っています。その中で打線がしっかりと打てるようになり、先にしっかり大量点を取ったり、
負けていても追いついたり、一気に逆転したりと今のチーム状況はとてもいい感じです。このまま暑い
夏を走って行って欲しいです。ファイターズが調子がいいと、体が疲れていても気持ちが前向きですね。
思えば、2年前の調子の悪いシーズンは体も気持ちも落ち込んでいました。ファイターズの調子に左右されて
どうすんねん!と叱られそうですが。

そう言えば、いつの間にか子供たちも夏休み入っていました。先週、朝起きたときに何となく窓の外を
見ているとお母さんと子供が家の前を走って通って行きました。少し小走りだったので、二人で朝から
ランニングでもしているのかな?とそのときは思っていました。しかし、約30分後、今度は逆の方へ
二人が歩いて行くのを見かけました。そして二人とも首から何かをかけていました。そうです、朝の
ラジオ体操だったのです。去年までは毎年夏休みになると子供がラジオ体操に行くので一緒に行って
いましたが、今年からはもう無くなったのです。寂しい気持ち半分、朝行かなくていいと思う気持ち半分。
子供にラジオ体操に行かない?と聞きましたが、まったく返事はありませんでした。また、子供が大きく
なったのを感じた一面でした。

6月30日です。今年の前半が終わりました。早いですね。令和になって2ヶ月が過ぎました。
我ら北海道日本ハムファイターズは予想通り調子が悪いです。私も調子が悪くなってきました。 🙄
交流戦後半からの悪い流れが続いています。金曜日からのソフトバンクホークスとの3連戦は
「北海道シリーズ2019 HOKKAIDO be AMBITIOUS」と名付けて真っ赤なユニホームで戦いました
が虚しく3連敗。交流戦最後の中日戦から今年最悪の6連敗となりました。昨日、今日の試合の
どちらもあと一息なのですが、中継ぎ陣が踏ん張れなくて逆転されて負けてしまいました。
とうとう借金生活になり、4位という順位も妥当な状況です。苦しい状況ですね。
こんな時にも前向きな姿勢で頑張ってほしいです。

と、ついついファイターズのブログになってしまいました。

さて、土曜日にはNPO法人ホスピスのこころ研究所主催の講演会シリーズ「ホスピスのこころを極める
~柏木哲夫とシシリーソンダース~」の第3回の講演会が開催されました。たくさんの方が来場されて
柏木先生の渾身のお話が聞けたと思います。実は私はといいますと、看護部長と一緒に帯広で会議が
あったため出席できませんでした。とっても残念でした。詳細は別の方からの報告を見てください。

さあ、明日から7月。今年後半に向けて頑張りましょう。

プロ野球交流戦終わる

| ファイターズ関連 |

みなさん、こんにちは。本州は梅雨入りで大雨が続いていますが札幌は爽やかな青空が広がる
今日この頃です。こういうときは梅雨のない北海道に住んで良かったなと思います。

さて、我ら北海道日本ハムファイターズは交流戦は8勝9敗1分けと負け越して終わりました。
現時点のライバルであるソフトバンクホークスと楽天イーグルは順調に勝ち越し、ホークスは
また交流戦で優勝しました。それとパ・リーグ最下位のオリックス・バッファローズがなんと
交流戦2位で終了。この後、リーグ戦からは不気味な存在になりそうです。
ファイターズは巨人戦が始まる6月14日までは快調に来ていました。その時点で交流戦7勝2敗1分け
と優勝を視野に入れるぐらい調子は良かったです。しかし、6月15日・16日と巨人戦に連敗してから
急に調子を落とし始めました。何となくいやな雰囲気を感じていましたが、その後横浜DeNAベイスターズ
の初戦で負けただけでなく、上沢投手が打球を左膝に受け、なんと左膝膝蓋骨骨折という最悪の事態
となってしいました。エースの上沢投手がケガで離脱することは想定外でした。ファイターズに暗雲が
垂れ込め、その後ベイスターズには連敗。そして中日ドラゴンズにはなんと3連敗して交流戦が終了しました。
今年の交流戦は後味の悪い結果に終わりました。唯一の話題は、吉田輝星投手の初登板・初勝利でした。
2回目の登板は負け投手になりましたが、これからしっかり鍛えていって欲しいです。

さて、昨日は突然のトレード発表でした。なんと鍵谷選手が巨人にトレードで行ってしまい、吉川選手
が戻ってくるというファイターズファンにとっては驚きのトレード発表でした。上沢投手の負傷離脱で
早急に先発投手の補強が必要だと思いましたが、思い切った手を打ちました。さすがファイターズの
フロントですね。まだまだトレードや外国人選手の獲得を考えていると思います。このあたりはやはり
大リーグのやり方ですよね。まだ優勝は諦めていませんから、出来る手は打っていくということです。
常にチームを活性化して、目標に邁進する。現状に諦めず出来ることをやっていく日本ハムファイターズ
のフロントと栗山監督の姿勢と思いました。

金曜日からはリーグ戦再開です。さあ、頑張って応援しましょう。

みなさん、こんにちは。ゴールデンウィーク10連休みなさんはいかがお過ごしたかか。いくつかのニュース
では10連休という前代未聞の連休はやり過ぎという批判も出ていますね。休みすぎで学校や会社に出るのが
おっくになる人がでるのはあたりまえですね。われわれ医療者は休みだからといって全部休めるわけでなく
みんなで交替で出勤しました。10日連続で病院の外来をやらないのも色々と弊害がでるのではないかと思い、
連休の中間に当たる5月2日は通常診療としてみんなに出勤してもらいました。自分としては一度仕事に戻る
ことでたまった仕事をこなせるし、また逆にリフレッシュできたのではないかと思いました。

連休中は我が北海道日本ハムファイターズは勝ったり負けたりの連続でした。今年は先発陣の駒不足を考えた
のか、また新しい戦術として栗山監督がオープナーという方法で先発投手を3回で早々に交代させて2番手
ピッチャーにつなぐという方法を取っています。昨年、メジャーリーグをテレビで見ていると、タンパベイ・
レイズというチームがけが人続出で先発陣が十分そろわない中で、抑え投手を先発で使い初回の1回だけ
投げさせる戦術を採っていました。その抑え投手は翌日にも先発し、みんなビックリ。抑え投手なので1回
限定は分かっているので、気持ち良く投げていたのだが印象的でした。
その投手起用が良かったため、昨年はブルペンデーと称してタンパベイ・レイズは何度も先発以外の救援
投手を何度も起用したのでした。

栗山監督もそれに習ったわけではありませんが、常に新しいことにチャレンジする精神はみんなが認める
ところ。開幕戦前には、今年のファイターズは先発陣が十分揃っているとファンは思っていましたが、
昨年加入した外国人投手のマルティネスが右腕のケガで開幕早々から投げられなくなり、先発投手として
計算できる人が少なくなってしまいました。
そこで考え出したのが、オープナーという方法でした。昨年までだと先発投手として投げたら、次の登板
までは1週間は登板間隔空けるのが日本のプロ野球では当たり前でした。でも、先発して3回までしか投げ
ないのなら次の登板まで1週間も登板間隔を開けずに投げられる。また力がある内にバッターを打ち取れる
ことが出来、余力を残したまま次の登板まで備えられるということだと思いました。
栗山監督は昨年のシーズンオフから考えていたのではないかと思いました。オリックスのエースだった
金子投手を獲得したとき、先発専門だった金子投手にもっと色々なやり方で投げてもらうということを
伝えていたようなので、今年の起用法をすでに構想をして持っていたのではないかと思いました。
実際にこれまでの金子投手の起用を見ると、先発で投げてもせいぜい5回で終了。オープナーを採った日は
2番手で投げて3回を投げたら交替。1回のみの救援登板もありました。登板間隔もかなり短いです。
一番投げているのは加藤投手ですね。先発したり、中継ぎをしたり。先日は先発して5回を投げて勝利投手
にはなっていました。

そういう話題を振りまいている日本ハムファイターズですが、試合の勝利にはなかなか繋がっていません。
まだ打線も本調子でないので、ゴールデンウィーク中の10連休も勝ち→負け→搗ち→負け・・・と見事に
繰り返して勝率5割のままです。なかなか貯金が増えません。
それでも、今年は上位に付けたままこれまで戦っているので今後チームの状態が良くなって、メンバーも
揃い始めたら優勝に一歩づつ近づきます。

また楽しみなシーズンが続きます。頑張れファイターズ!

いよいよやってきました。今年のプロ野球シーズンが今日から開幕です。
北海道にも早めの春がやってきていましたが、先週からは積雪もあったりと冬に逆戻りした感じは
ありましたが、札幌ドームには野球がやってきます。
栗山監督は8年目のシーズンです。今年の北海道日本ハムファイターズはオープン戦では今ひとつの
調子ではありましたが、新しい戦力補強もあり楽しみな布陣になっています。開幕投手は上沢投手で
すが、どんなメンバーが先発で出場するかもとっても楽しみです。また、どんな選手が活躍して
レギュラーを勝ち取っていくのかも、ファンとしてはワクワクしています。

さあ、今年もファイターズを応援しよう!

みなさん、こんにちは。いよいよ今年も野球シーズンも始まろうとしています。わが北海道日本ハムファイターズ
は一軍選手がアリゾナキャンプに出発しました。2軍は明日から沖縄でキャンプインです。
さて、昨年は栗山監督の采配でAクラス3位に入りましたが、クライマックスシリーズ第1ステージで負けシーズン
が終わりました。いつもより長いオフシーズンを過ごしてしまいましたが、ドラフト会議でたくさんの有望な
高校生選手を獲得。またレアードは退団となりましたが、トレードでオリックスの金子選手や台湾からの王選手
の獲得など話題に尽きませんでしたね。
レアードに関しては、退団は残念でしたが、その後ロッテマーリンズに再就職が決まったようで良かったです。
違う球団に行っても寿司を握るのでしょうか?

栗山監督もファイターズの監督になって8年目になりました。ファイターズが北海道に移転してからヒルマン
監督、梨田監督と来て、栗山監督が就任しました。最初は新米監督がどこまでやれるかという雰囲気がありま
したが、蓋を開けてみれば誰よりも考えながらファイターズを強くしようと頑張っています。ファイターズの
フロントがどんなチームにしたいかを十分考慮し、それを受けてチームとして機能させていく。ダルビッシュ
が抜けてから監督になったのに、まず最初の年に優勝。次の年は最下位になり、苦渋を味わってもめげず、
次の年へと布石を打つ。回りが絶対に入団してくれないと言っていた大谷選手をドラフト一位指名して投手と
バッターを両方やったらいいと説得して獲得。その5年間の活躍はここで語る必要はないですね。そして、その
大谷選手を擁しての2016年の日本一獲得。何とも言えない働きぶりです。

2月からキャンプインしますが、アリゾナ組、沖縄組とそれぞれに目的意識を持って行きます。いつも目標が
明確で、それをチームのみんながしっかり共有しているところが凄い。今年はどんなチームになり、どんな選手
が活躍するのか楽しみです。

そうそう、2月下旬に映画『FIGHTERS THE MOVIE』が2週間限定で公開。やっぱりファイターズファンは
これを見てからシーズンインですね。
ワクワクしてきますね。

(BBと一緒に撮った写真です 🙂 )

ブログ連チャンです。クライマックスシリーズ第1ステージ負けました。もう第2ステージが
始まっており、連日熱戦が続いていますが、応援するチームがいません。残念です。でも、
昨年の5位からAクラス入りの3位で一時は優勝も夢を見たので、良かったシーズンとしましょう。
栗山監督の続投はまだ決まっていませんが、また新しいチームを作ってくれるでしょう。
吉井投手コーチの退団は残念ですが、新しいコーチ、選手で次のファイターズを作り上げて
もらいたいです。

今年のファイターズブログもこれで終了ですね。また来年をお楽しみに。
そうだ、大谷君もメジャーリーグのシーズン終わっていますね。大谷君の活躍も楽しみですね。

(昨年の大谷君の160km/hです)

みなさん、こんにちは。院長ブログ連チャンです。いよいよ我ら北海道日本ハムファイターズのクライマックス
シリーズが始まりました。シーズンは3位で終わったため、ソフトバンクのヤフードームでの開催。遠くて応援
にはいけませんが、テレビを見ているとたくさんの方が応援していますね。ファイターズの攻撃の時のいつもの
応援歌で一緒になって応援したくなります。

さて、試合の方は第1戦は、完全にソフトバンクペースでしたね。1回表に近藤選手のホームランで先制しました
が、1回裏にあっという間に満塁で4番柳田選手にタイムリーヒット。その後、デスパイネ選手に満塁ホームラン
を打たれ上沢投手は1アウトも取れずに5失点。流れが完全に傾いてしまいました。何とか取り返そうと栗山監督
も頑張りましたが初回に4点差がついてしまうと、今の打線ではなかなか逆転は難しいと思いました。第1戦は
結局8対3で負けました。完全に力負けですね。日本ハムファイターズはもう後が無くなりました。

そして第2戦。先発は今年1年活躍したもう一人のピッチャーのマルティネス(通称・マルちゃん)。こちらは
粘り強く投げ続け、その間に1点ずつ取りながら流れは日本ハムファイターズとソフトバンクのガチンコ勝負の
感がありました。7回裏に同点にされた時には、流れがソフトバンクに傾くかなと思いましたが、8回表に
ファイターズがツーアウトから西川、大田、近藤と意地の2塁打の3連打。2点をもぎ取り、宮西投手、石川投手
とファイターズの勝ちパターンの投手リレーで4対2で勝ち切りました。9回の石川投手の投げっぷりには今年1年
成長した姿を感じました。
もう未来のクローザーは間違いありませんね。

さあ、今日の夜の第3戦で泣いても笑っても勝負が決まります。栗山監督の北海道に帰ってくる宣言は実現できる
か。北海道日本ハムファイターズの必死なプレーに今日も応援したいと思います。

スポーツの秋

| その他, ファイターズ関連 |

みなさん、こんにちは。とうとうプロ野球のレギュラーシーズンも終わってしまいました。
今日からクライマックスシリーズで我ら北海道日本ハムファイターズは福岡でソフトバンクホークスと
第1ステージを戦います。いつもソフトバンクとは接戦になりますから、チャンスはあると思います。
今年は対ソフトバンクは13勝12敗と勝ち越したのですが、8月中旬からの対戦成績が7連敗していること
が気がかり。でも、知将・栗山監督のことですから色々と手を打ってくると思います。遠く札幌の地から
応援したいと思います。

さて、台風の影響もあり、10月7日は札幌マラソンが急遽中止になりました。当院の職員も何人か参加の
予定だったのに中止になり残念でした。結果的にはそんなに強い風は札幌に吹かなかったので、マラソン
も出来たかなと思いましたが、やはり大会を行うことは危険と判断したのでそれで良かったと思います。

翌日の8日は台風一過の晴天を見越し、家族で藻岩山登山を計画しました。子供たちが小さいときは何度か
藻岩山に登ったことがあったのですが、しばらくご無沙汰していました。最近、少しウォーキングを
しているので、その延長として藻岩山に登りたいなあと今年は春からずっと思っていました。
7日の夜の夕食時に明日はみんなで藻岩山に登ろう!と宣言。一部の子供からは反対の声が上がりました
が強行突破。8日の朝5時過ぎには起きて準備開始。早めの朝食を摂り、いざ出発。
藻岩山はいくつかの登山口があるのですが、一番慣れている慈恵会病院前から登山開始。途中、2度の
休憩を入れながら頂上までは約1時間20分かかりました。ちょっとかかりすぎか。携帯の歩数計を
見ると約5000歩。歩きましたね。頂上からは綺麗に札幌の街並みが見渡せました。天気が良くて石狩湾
も綺麗に見えました。逆方向の山並みもとても綺麗で登って良かったと思いました。

頂上では、約1時間ほど滞在。朝早かったため、最初は登山者ぐらいしかいませんでしたが、ケーブルカー
が動き始めてからは、徐々に屋上の展望台に上がってくる人が多くなってきました。

11時前には下山を開始。今回は、また来た登山道を降りました。藻岩山にはいくつかの登山道が
ありますが、もとの慈恵会病院前の登山口を目指しました。予定は50分ぐらいで下山するつもりでしたが、
足下がやや滑るのでゆっくり、ゆっくり降りたためか1時間かかってしまいました。歩数も7000歩近く。
登りより小股で歩いたせいかもしれません。

久しぶりの藻岩山登山。達成感がありました。翌日の筋肉痛を気にしながら家路について、午後は昼寝を
してしまい、爆睡。やはり疲れていましたね。

スポーツの秋で登山を楽しんだことの報告でした。

さて、9月には台風、地震と大きな災害が続き、そのためか時間がありそうでないような日々を過ごし、あっ
という間に10月になった感じがします。このブログも書こう、書こうと思って下書きしていたのですが、
気づけば10月です。やはり看護部長のように毎週は難しいか。

今日は、ファイターズのことです。昨年5位に終わり、大谷君がメジャーリーグに行ってしまい、増井や大野が
FAで退団したりと戦力ダウンは予想されましたが、いつもの栗山マジックにより積極的な若手起用もあり、
シーズン前半はいい位置にいました。絶対的優勝候補のソフトバンクホークスの相次ぐけが人、先発陣の不調も
あり、ファイターズにとってはラッキーな面もあり、オールスター直後に西武ライオンズにゲーム差0.5まで
肉薄したときには、この調子で最後は優勝だ!などと夢を見ました。
うまく行かなかったのは、結果的に8月の戦い方でしたね。8月の前半は勝ったり、負けたりをして貯金が増えず
1位の西武ライオンズとじわじわと離されていきました。そして、決定的だったのが8月後半の西武ライオンズと
ソフトバンクホークスと続く6連戦でした。西武ライオンズとの初戦はいい流れで逆転勝ち、しかし翌日の第2戦
は、逆に8回裏に勝ちパターンのトンキンが打たれ逆転負け。第3戦も7回裏に満塁ホームランを打たれ逆転負け。
ここの悪い流れでそのままソフトバンクホークスに3連敗していました。(東京ドームというホームゲームだった
のにです)
ちょうどこの5連敗したときに、ソフトバンクホークスの方が戦力が整い、一気に9連勝してファイターズを追い
抜き2位になりました。
ファイターズの方は、もう盛り返す力は無かったですね。9月の戦い方を見ても分かります。北海道胆振東部地震
の影響もあり、試合が中止になったり、北海道のため勝たなくては、と力が入ってしまい負け試合が多かったと
思います。
本当は今週で札幌ドームで最終戦の予定でしたが、地震で中止になった分来週も試合が残っています。今年最後の
西武ライオンズとの4連戦も1勝3敗で、優勝したチームと負けたチームの勢いの差を感じました。残念ですが、
クライマックスシリーズはこのままでは勝てないでしょう。ソフトバンクホークスとは、いつも接戦ですから
もしかしたらファーストステージは突破するかもしれませんが、西武ライオンズにはコテンパンにやられそうです。
悲しい。 😥

でも、もう少し野球が見られるので、精一杯応援しましょう。それでも野球シーズン楽しんだ1年でした。

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031