新年度が始まりました

| 病院関連  |

みなさん、こんにちは。令和3年も4月1日になり新年度になりました。朝から快晴で始まりに新年度開始には最適な天気でした。
今日は当院でも11名の新入職員を迎え入社式がありました。前野総長から一人一人辞令交付したあと、順番に挨拶をしてもらったのですがみなさん緊張をしていてその緊張が私にまで伝わってしまいました。私も挨拶したのですが一緒になって緊張してしまいました。
思えば私も一番最初の入職は今から30数年前(正確な年数を言うと年齢がバレてしまいます)にある会社に入りました。
XX年4月1日は東京の四谷にあるホテルで入社式があったと思います。一人暮らしを始めたアパートから電車を乗り継いで向かったのですが、初めての都会暮らしですっかり時間計算を間違え遅刻。駅を降りてからホテルまで走った記憶があります。今思えば、『初日から遅刻するなんて何という社会人!』とお叱りを受けそうですね。そんな懐かしいことを思い出しながら今日の入社式を迎えました。

新病院移転まであと3ヶ月になりました。午前中に入職オリエンテーションで新入職員に対して話したのですが、10年前に院長となったときに夢として語った新病院建設がもうそこまで来ました。「夢・希望・ロマン」を語り続ければ実現できるのです。

さあ、みんなで頑張っていきましょう。

3月もそろそろ終わりです

| その他 |

みなさん、こんにちは。しばらくぶりのブログ更新です。申し訳ありません。
今シーズンの冬は左肩腱板断裂の手術から回復したため、たくさんスキー場には行けました。子供も大きくなったため、誘っても一緒にスキーに行ってくれなくなり自分一人でスキーにも行きました。
1年のブランクはありましたが、足腰を鍛えておいたお陰(?)なのか今年は調子良く滑ることが出来たと思います。年齢も重ねて体力も落ちましたが、その年齢に合わせた滑り方(コツ?)を身につけることが出来たのか、例年以上にスキーを楽しむことが出来ました。

それからいつもの年以上に雪解けが快調にすすみ先日から自転車通勤が始まりました。昨年は3月31日に自転車通勤したとブログに書きましたが、今年は1週間も早い3月24日でした。これまでの最速を更新したかもしれません。
この冬のウォーキングによる通勤はこれで終了ですね。

冬の峠は越えました

| その他 |

みなさん、こんにちは。2月も今日で終わりです。早いものです。今年もすでに2ヶ月が過ぎ去ってしまいました。年齢を重ねると時が経つのが早いと言われますが実感しております。

今日は日曜日ですが、病院で当直です。朝思い切って徒歩で出勤しました。なかなか踏み切れなかったのですが、今日は天気もちょうどいいと思い昨日の夜決心しました。30分ぐらいの徒歩は平気なのですが、病院までの約1時間はちょっと歩くことは躊躇をしていました。
朝7時30分に家を出て、ちょうど50分で到着。約5kmの徒歩通勤でした。(ちょっと疲れましたが)

プロ野球のキャンプのいよいよ終わりです。我ら北海道日本ハムファイターズは若手中心で下馬評はかなり悪いですが、その予想を裏切って欲しいです。来月にはオープン戦が始まり、月末には開幕戦です。
昨日は北海道コンサドーレ札幌が開幕戦で快勝しました。あんなに点が入ると気持ちいいですよね。

緊急事態宣言も一部解除され、春が近づいてきて何かワクワク感が出てきました。コロナウイルスは残っていますが少し気持ちにも余裕が出てきたと言うことでしょうか。
そう言えば、昨年の今日、北海道に独自の緊急事態宣言が出されましたね。そして私は子供の高校の卒業式には父兄は参加不可と言われ、ガックリ来たことを思い出しました。あっという間の1年でした。

次の話題はコロナウイルスワクチンですね。私たちのところまでやってくるのはいつなのでしょうか。医療従事者を先行して接種するようですが、まだ何も連絡が無い状態です。それでも準備だけはしておこうと思っています。できるようになったら報告します。

2月になっています

| 病院関連  |

みなさん、こんにちは。ご無沙汰しております。気がつけばもう2月になっています。
新型コロナウィルス感染症の流行は続き、緊急事態宣言も1ヶ月延長されました。それでも、全国的には新規感染者数が減ってきていることが少し安心材料です。次はワクチン接種のことが問題になりますね。
新しいワクチンであるし扱い方も特徴的ですから、今後どんなふうに普及していくか注目する必要があると思います。当院もできるだけのことはしたいと考えていますが、どうなるのでしょうか。

それから2月に入りプロ野球のキャンプが始まっています。しかし、緊急事態宣言下のため無観客でキャンプをやっているので地元の人もプロ野球ファンも現地では応援できません。毎日ニュースで報道されるのを見守るしかありませんね。今年は我ら北海道日本ハムファイターズの話題が少ないため、NHKニュースではほとんど取り上げられません。寂しいです。でも、逆にじっくりと鍛え上げて3月の開幕で爆発してほしいです。

久しぶりに新築移転の話をしたいと思います。昨年3月末に地鎮祭を開催してから工事が開始され10カ月が経過しました。
最初は基礎の穴を掘るのを連日出勤前に見学していましたが、そのうち杭打ちが始まりました。この杭打ちの作業は本州からの技術者がやっていると後で聞きました。あちこちの現場で作業をしているとのことでした。
5月にはその基礎工事がほぼ終わり、鉄筋が組み上がってきました。病院は広いので、全体を5区画ぐらいに分け、西側から順番に基礎の鉄筋を組み上げているとのことでした。このころは2つの大きなクレーン車が資材を頻回に運搬しているのを見ました。
7月には1階部分の形が徐々にわかるようになりました。鉄筋が組み上がり柱になり、また型枠が組まれ形になっていきました。7月末にはほぼ1階の型枠が組み上がりました。
1階のコンクリートが固まると次は8月には2階部分を組み上げていきました。そして9月には3階部分が組み上がり全体像が出てきました。遠くから見るとまるで戦艦のように見えたのが印象的でした。
10月頃からは周囲に防炎シートがかけられ白い布に建物が囲まれてしまい、ここからは外部からは建設の進捗状況は分からなくなりました。
それでも内部の工事は着々と進み、最初は広かった空間に徐々に色々なものが詰め込まれ、図面の通りに部屋が出来ていきました。
先週の現場会議の後に工事現場を見学をさせてもらいましたが、1階から3階まで通路が出来ていてそれぞれの部屋の原型が出来てきていました。本当に楽しみになっています。

さあ移転まで140日を切りました。(ドキドキ・・・)

 

本格的な冬になりました

| 病院関連  |

皆さん、こんにちは。お正月が明け早3週間になろうとしています。病院の方はいつものように毎日診療が続いています。全国的には新型コロナウィルス感染症が収まらない報道が続き、心を痛めています。今回の緊急事態宣言の効果は昨年春のようにはならないでしょう。マスクの効果、食事の場での感染拡大など色々なことが分かってきていますが、ここまで広がってしまったら押さえ込むのは難しいのかもしれません。一方、予想されたことですがインフルエンザはまったく流行していません。手洗い、マスクをするという基本行動がここまでインフルエンザを押さえ込むとは。当院でも今シーズンは一例も出ていません。
一方、新型コロナウイルスに関してはあちこちで陽性者の話を聞いてしまいます。避けられないとは思いますが、感染拡大だけは気をつけなければと思っています。

新病院に関しては建築工事が着々と進んでいます。新築移転ブログにもあるように先日はモデルルームの見学会がありました。何回かに分けて職員に見にいてもらいましたが、要望は出るわ、出るわで少し冷汗が出ました。図面では分からない細かい部分も色々と分かりました。実際のベッドも部屋の中に入れて動かしみたり、コンセントの位置の確認をしたりと。私は窓の広さに驚きました。あの窓から入ってくる光は素晴らしいものになると思います。

新築移転まであと6ヶ月を切りました。毎朝雪道を歩きながら、これが最後の冬の通勤になるのだろうなと思い景色を眺めています。天気のいい日は朝陽を受けている札幌南徳洲会病院がいいですよ。これが。

              (写真は札幌南青洲時代のものですか・・・)

みなさん、こんにちは。2021年が始まりました。私はというと12月31日が当直だったため年明けは病院の当直室で迎えました。少し曇り空だったため初日の出は見えませんでしたが、雲の切れ間から見える朝の光を見てこの1年の無事を祈りました。

さて今日から当院は仕事始めです。新型コロナウィルス感染症の流行はまだ収まる気配はないですがそのことに対処しながら今年もやっていかないと行けないですね。

今年はいよいよ新築移転が実現します。病院の新築移転ブログでも逐一報告されていますが、着々と工事が進んでいます。病院の移転と同時にホームケアクリニック札幌のクリニックも移転することになり病院の西側にちょこんと2階建ての建物が出来ています。今は冬で雪をよけるためにシートで囲まれているため全容がわかりませんが、春になれば病院もクリニックもシートが取れてどんな風に見えるかとても楽しみです。

今朝の朝礼でめくる移転までの日めくりカレンダーも180日を切りました。毎日日々出来ることをしっかりやり続け新病院に向けて職員一同頑張ります。

今年もよろしくお願いします。

左肩腱板断裂手術から1年

| その他 |

みなさん、こんにちは。今年もクリスマスが来ました。サンタクロースはみなさんの家にやってきたでしょうか?
我が家にもこっそりと現れ、去って行きました。子供には期待したプレゼントだったのでしょうか?

さて、表題のことですが一時はブログの内容も腱板断裂手術のリハビリのことで騒いでいたので皆さんも注目していましたが、もうすっかり報告もせず今になりました。
ちょうど昨年の12月26日に手術を受け4日間という短い期間で退院。仕事もあったので左肩にウルトラスリングという装具をつけたまま当直もこなしました。その無理が祟ったのか(?)なかなか左肩のリハビリテーションが進みませんでした。術後半年をしても左腕がまっすぐ上に上がらず、またラジオ体操をしてもすぐに左肩に痛みが出て左腕を連続して動かせない状況が続きました。
6月のブログでも書きましたが、リハビリのやり過ぎで左肩の痛みが増強しリハビリを一旦中止するところまで追い込まれへこんでいました。
痛みの軽減を待って、その後も地道にリハビリを続けたところ時間とともに筋力も付き、ゆっくりと左腕が上がるようになっていきました。10月頃にはかなり挙がるようになり違和感も軽減。さらにリハビリを続けると11月にはマッサージを受けた後は肩の可動域が良くなってきました。
12月に入ると肩の動きもほぼいい感じなりました。理学療法士さんからもそろそろ終了でいいのではとお墨付きをもらい、先日整形外科の主治医の診察を受け合格証明を戴き診察終了となりました。ちょうど手術から1年でした。普通の人より遅いね、と主治医から言われました。何か無茶をしたのでしょう?と言われましたが身の覚えがありません。と、自分の手帳を振り返って見ましたが術後早期から働いてしまったことや、出張であちこち行ったりとやはり最初の1ヶ月で左肩に知らず知らずに負担をかけてしまったのかもしれません。
それでも1年経過し、まだ多少の違和感はありますがほぼ普通に過ごせるようになりました。もちろんラジオ体操は普通に出来ますし、先日は2年ぶりにスキーにも行ってきました。

ということで、左肩腱板断裂手術から元通りになるのに1年かかった経過の報告でした。

札幌南徳洲会病院になって3年

| 病院関連  |

みなさん、こんにちは。もう12月になっています。前回のブログで宣言したように私は自転車通勤から車・バスへの通勤に切り替わりました。でも、札幌には思ったほど雪が積もらず「今日はまだ自転車に乗れたかな?」と思う今日この頃です。(寒くてもう乗りませんが。)

今年は春からのコロナウイルス感染症の流行に伴い日常生活だけでなく、仕事上のことも色々と変わり
(常時マスク着用する、会議でも距離を取るなど・・・)気づけば年末になった感じです。みなさんも
同感だと思います。
もちろん毎年恒例の忘年会もないし、特に出かける用事もなく年末年始を迎えそうです。

さて、先日途中採用者の入職時オリエンテーションがあり院長として病院のこれまでの歴史をしゃべって
いたところ、はっと気づいたことがありました。今から3年前に病院名が変わったことでした。え?もう
3年も経過したのか!と思いながら職員の前で話をしていました。
そうなんです2017年12月1日が札幌南青洲病院から札幌南徳洲会病院に替わった日でした。気づかずに
過ぎてしまいました。

今月もあと半月を残すところとなりました。コロナウイルスが静かな年末年始になりますように。

自転車通勤終了

| その他 |

みなさん、こんにちは。今月のブログ更新は月末になってしまいました。う~ん、いかんなあ(これ、方言?)
今年は11月4日に札幌に初雪があり自転車通勤も早めに終了するかと思っていましたが、一旦雪が融けた
のでギリギリまで通勤することができました。27日の金曜日を今年最後の自転車通勤としました。
まだ自転車を漕げるかもしれませんが、もうこの寒さに太刀打ちはできません。おとなしく徒歩・バス
通勤へと切り替える予定です。
これからの冬はこの病院に通う最後のシーズンになります。来年の冬は新しい病院で働いていることに
なる予定です。
今年も自転車お疲れさまでした。また来年会いましょう。

安富祖理事長来訪

| 病院関連  |

みなさん、こんにちは。気がつけばもう月末。明日で10月も終わります。札幌の初雪は来月になりそうです。
病院前の木々の葉っぱも枯れてしまいました。街路樹の銀杏の黄色が目立つ今日この頃です。

ご報告が遅くなりましたが、徳洲会グループの理事長である安富祖先生が10月7日に当院に来院されました。
安富祖久明(あふそ・ひさあき)先生は沖縄出身で、この6月から徳洲会グループの理事長になりました。
私たち幹部は全国の会議では安富祖先生とはよく会っていましたが、理事長は当院には今まで一度の来院された
ことがありませんでした。
今回理事長になったのを機に全国の病院を回っているのだそうです。やはり現場の人たちと対話していくのが
大事ということで来院されました。前日には札幌徳洲会病院に入り、当日は札幌東徳洲会病院の朝礼に参加し
その後当院に入っていただきました。時間のある職員が4階の講義室に集まり安富祖理事長の話を聞きました。
熱意あふれるお話続き、予定をオーバーして30分も話されました。その後、徳洲会グループ初の当院のホスピス
病棟を見学してもらい、今回の目的の一つでもある新病院の建築現場を視察して、次の目的地である日高徳洲会
病院へ向かっていきました。

やはり組織のトップの話を聞くことは大事だし、また我々が現場で頑張っている姿を見てもらうことが出来、
新病院も見てもらい良かったと思いました。

                  (ホスピス病棟で病院の幹部と一緒に)

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ