» 2022 » 6月のブログ記事

久しぶりの東京出張

| 病院関連  |

みなさん、こんにちは。先週の週末は久しぶりに東京出張がありました。以前は2ヶ月に1回は必ず飛行機に乗っていましたが、新型コロナウィルス感染症が流行してからは会議はほとんどZoomになり出張はほぼ皆無となり、飛行機に乗ることはほとんどありませんでした。
ビジネススーツを着なくてもよかったり、ネクタイをしなくて良かったり、とても気楽なのですがやはり会議に出て他の人と直接顔を見て話すという機会が失われたこと自体はとても残念でした。
今回は、オンライン会議ではなく直接足を運ばなければいけない会議だったため東京に行きました。
この2年間は飛行機に乗ってもガラガラでしたが、もう普通に戻ってきています。まだ外国人はほとんどいませんが、移動が必要な人、旅行している人がどんどん動き始めたのを実感しました。東京はとても暑かったのですが、久しぶりに移動して歩いたことが嬉しかったです。

来月からは以前のようにみんなで集まって会議をするのではないかと思って出張から帰ってきました。

そうしてもう6月が終わろうとしています。新病院に引越ししてもう1年ですね。1年が経つのが早い。

1年前の写真です。まだ周囲に何もありません。

休日当番病院

| ファイターズ関連, 病院関連  |

みなさん、こんにちは。前回は調子の上がらないファイターズとエンゼルスのブログを書きましたが、大谷翔平の所属するエンゼルスはマドン監督解任というとんでもない一手を打ち、14連敗でようやく連敗を止めました。連敗を止める試合でも活躍したのは大谷君でした。投打で活躍(投げては勝ち投手で打者では逆転ホームランを打つという離れ業!)したことは皆さんご存知の通りです。夜のBSのメジャーリーグのニュースでは大谷君は試合中に12回もガッツポーズをしたそうです。それだけ連敗を止めたい気持ちだったのでしょう。

もう一方の我らが北海道日本ハムファイターズは横浜DeNAには負け越しましたが、交流戦最後の中日ドラゴンズとの試合は見事に3連勝しました。(ドラゴンズファンの方、申し訳ない)
この3試合とも先発ピッチャーがきちんと投げ、中継ぎも点を取られない投球をする。打者もきちんと点を取る打撃もし、またビッグボス(新庄監督)の意図をくみ取る攻撃を出来るようになり見ていて楽しい試合となりました。残念ながら、まだ札幌ドームに足を運ぶお客さんが少なくてちょっと寂しいですが、これからドンドン盛り上がりそうです。

さて、先日の日曜日は当院は札幌市の休日当番病院の担当の日でした。私も久しぶりの担当で出勤しました。
発熱患者さんもかなり来院されましたが、最近のコロナウイルス感染症の流行の落ち着きからは発熱患者さんのほとんどは下痢・嘔吐を伴う人が多く、今回は急性胃腸炎が流行していました。子供のノロウィルスからもらった親の方達も何人か来院されました。
午前中はかなりの方が来院されましたが、午後になると人が減り予定の17時になり休日当番が終わりました。
ほぼ全員来院された人が当院が初めての患者さんでした。普段は病院に来ることがない若い方が多かったのでまた来院される人は多くないのですが、病院を知ってもらえた機会になったかな?と院長としてはこっそり喜んでいます。

このままコロナウイルス感染症が収まることを望んでいます。

みなさん、こんにちは。札幌は5月末からのリラ冷えが続き、夕方ストーブをつけないと肌寒い日が続いています。それでも日中は日が差すと暖かく感じるようになってきています。

さて、最近はブログに野球の話題が少なかったのですがそろそろ書こうと思っていたところです。

まずは我ら北海道日本ハムファイターズの話題から。
新庄監督が就任して1年目。昨年の就任会見で『優勝は目指しません。』と宣言通り、優勝できるような戦力ではありませんが、積極的に若手選手を使いノビノビとプレーさせているのが印象です。
開幕5連敗でスタート。やっと勝ったと思ったらまた4連敗。4月の試合は3連戦で勝ち越す試合はほとんどなく4月1日からずっとパリーグ最下位。4月が終わった時点で借金10まで行ってしまいました。
試合を見ていても打てそうな気がせず、ロッテ・佐々木投手の完全試合の次の週のファイターズ戦では8回までは完全試合だったぐらいです。(この試合は万波選手のホームランが出て延長で何とか勝ちはしましたが、試合内容は完全に負けです)
本当に打てません。一番頼りになる近藤選手が肉離れで5月連休中に戦線離脱したのもとても痛かったです。
しかし、ゴールデンウィーク後は少しチーム状態も上がり、5月中旬のソフトバンク戦ではなんと3連勝して今シーズン初の4連勝となりました。選手も生き生きと戦っていて、新庄監督の目指す野球が徐々に浸透してきたのを感じていました。
さあこれから調子が上がるぞと思っての5月下旬からのセリーグとの交流戦。ヤクルトとの3連戦は2試合続けての逆転サヨナラ負けを喫しましたが、それでも3戦目は追いつき突き放して勝ち、次の巨人との3連戦も2勝1敗で勝ち越しチームとしては前進していると感じました。
そして広島、阪神戦と続きましたが甲子園球場ではまさかの3連敗。最初の試合で6点差まで行ったのに追いつかれ最後は逆転されてしまい、チームの若さと自力の無さを露呈してしまいました。
何と昨日は横浜DeNAの今永投手にノーヒットノーランを食らってしまいました。昨日の時点でまた5連敗です。
選手も悔しいし、新庄監督も悔しいし、ファンも悔しい。私も悔しい。

そして大谷翔平が所属する大リーグのエンゼルス。大谷君は昨年はMVPを取り、今年はさらなる活躍をみんなが期待していました。また今年はエンゼルスにいいメンバーが揃い、久々の優勝も視野に入りシーズンをスタート。
4月、5月の順調に勝ち星を積み上げ一時はアメリカンリーグ西地区の1位になっていました。(常勝軍団のアストロズに抜かれ5月中に2位になってしまいましたが)
そのエンゼルスが5月25日の勝利を最後にズルズルと負け始めました。菊池がいるブルージェイズに4連敗。その後のヤンキースに3連敗、フィリーズにも3連敗と今日も負けてまさかの13連敗となってしまいました。チームには怪我人が出たり、打線が振るわなくなったり、ピッチャーが何故か打たれたりと負けの原因を挙げれば一杯ありますが、はっきり言って悪い流れがずっと続いています。

しかし、両チームとも選手は一生懸命です。たまたま負けが込んでいるだけです。こんな時期は長いシーズンに必ずあります。必ずいい時期が来るのでファンとしては毎試合応援して待つだけです。

頑張れ!北海道日本ハムファイターズ!頑張れ!エンゼルス!

救急車ご苦労さまでした

| 病院関連  |

みなさん、こんにちは。6月になりました。なんか寒いですよね。暖かくなったなあと思っていたのに雨が降ると共に冷えています。夜は結構寒いですね。札幌はまだ上着が必要です。

さて、当院で長年活躍してくれた救急車が車検切れを機に廃車となりました。もともと札幌東徳洲会病院で活躍していた救急車を譲り受け、平成24年から当院の専用救急車として活用していました。私も何度も患者さんと一緒に移動した記憶があります。
ここ数年は電気系統のトラブルなどで修理に何度も出ることが多くなり、かなり費用もかけながら何とかここまで来ました。今回車検の時期が来たのですが、車検を受けてもまた故障箇所が出てくるのは目に見えていたので、思い切って廃車にすることになりました。

5月31日が救急車の最終勤務日となりました。前日に一緒に記念写真を取りました。また一つ思い出のものが無くなりました。
ご苦労さまでした。

2022年6月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ