» 2021 » 10月のブログ記事

冬が近づいています

| 病院関連  |

みなさん、こんにちは。札幌も徐々に寒くなってきました。病院から見える木々の紅葉も進みシュバービングの森も紅葉になってきました。だんだんと冬が近づいています。今週は雨も降っており、そろそろ初雪の便りが来そうです。

さて、新型コロナウィルス感染症の緊急事態宣言も9月末に解除され、徐々に人の動きも活発になってきたのを感じます。予想以上に感染者数が減っており、一体何が起こったのか?と思いますが、このまま収束してくれることを念じています。(それでも第6波が来ることを医療者としては予想しないといけませんが)

以前のブログにも書いたように、緊急事態宣言下でもあったため新病院の移転前に行われた竣工式には徳洲会グループの幹部の出席は叶いませんでした。今回は宣言解除となり10月に入り、ようやく安富祖理事長と福島副理事長が新病院見学に来院されました。安富祖理事長は竣工式前のまだ何も入っていない新病院は見学していきましたが、実際に運営している姿をまだ見ていませんでした。
先日、お二人とも札幌に来る用事がありそのついでに当院に立ち寄ってもらいました。お二人ともわずか30分ぐらいの病院滞在で駆け足の見学となりましたが、私たちはようやく胸のつかえが取れた感じがしました。
特に福島副理事長は、以前函館の共愛会病院の院長も務められ、北海道の各病院の院長はみんな色々とお世話になっている方です。当院の移転前からずっと気にかけていただき、移転に関しても叱咤激励を受けていました。

その福島副理事長も久しぶりに来札され、病院を見学していきました。
その時の写真が以下です。

(最近は見学者と一緒にこの看板で記念撮影が定番です。)

秋晴れの北海道

| 病院関連  |

みなさん、こんにちは。先日雪虫が飛んでいました。いよいよ札幌にも雪の便りが届きそうです。
日曜日の夜から月曜日の朝にかけて札幌は雨模様でしたが、昨日の朝から快晴が続いています。
朝の通勤時に自転車から見える札幌の山並みがとても綺麗です。少しずつ朝も冷え込んで来ましたが、
まだ自転車通勤は可能です。あと1ヶ月は大丈夫だと踏んでいます。

この快晴の下、新病院も青空をバックに輝いています。周囲の木々も少しづつ紅葉になり色づいてきました。
7月の新病院に移転時はまだコロナウィルス感染症が流行しており、その後8月末からは緊急事態宣言が北海道に
まで適応されたため、積極的に病院見学などをしていただくことは避けていました。
しかし、ようやく9月30日で緊急事態宣言も解除され新規感染者もぐっと減ってきたため、気持ちの上でも少し余裕が出来、このところ見学者を受け入れております。


今回も昨年の建設中の写真を載せます。1階部分のコンクリートが打ち終わったので、ちょうど昨年の
今頃建築会議の後、見学出来たときの写真です。1階で正面玄関から入ったところから撮っています。
ちょうど中央部分を見渡している感じですね。

もう一つは隣のクリニックの写真です。まだ基礎工事をしているところですね。コンクリートを打っています。
1年前はまだ形が無かったんですね。

緊急事態宣言解除

| その他 |

みなさん、こんにちは。ようやく緊急事態宣言が解除されました。昨年2月の新型コロナウィルス感染症の流行が始まってからずっと緊張をしている感じです。
今年の4月から5月の第4波ではクラスターなどもあり当院もかなりの打撃を受け本当に疲れましたが、今回の第5波は札幌市内は大変なようで少しは余裕があった感じがしています。今日の道新の記事でも第5波は第4波の経験があったこと、ワクチン接種が進んだことが書いてありましたね。
コロナワクチン接種も供給不足により7月頃には一時停滞しましたが、今は順調に進んでいますね。この調子でいけば11月頃にはかなりの人がワクチンを2回接種済みになると思います。感染者がゼロになることはないと思いますが、重症者や入院する必要がある人が増えなければ医療崩壊にはならないですよね。

今日から10月1日。天気も良く秋晴れですね。
緊急事態宣言中解除の前と後で、特に生活が変わるわけではありませんが、何となく閉塞感から解放された気がします。マスクや手洗いなどの基本的な感染対策を続けながら、みんなと交わる色々な活動が戻ってくることを期待しています。

当院も引っ越しして約3ヶ月が過ぎました。職員も少しずつ新病院の体制に慣れてきた感じがします。
今月も頑張っていきましょう。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ