» その他のブログ記事

院長8年

| その他, ファイターズ関連 |

みなさん、こんにちは。6月になりました。我ら北海道日本ハムファイターズの方は、開幕前の予想(Bクラス)
を覆し、目下好調に推移しています。開幕は札幌ドームで西武ライオンズに3連敗したときはどうなるかと
思いましたが、各々の選手が自分の仕事をしっかりやり、栗山監督も今できる最大限の力を発揮させるように
気を配ってきた結果だと思います。昨年の今頃のことを思えば、貯金を作って交流戦に入っていますから、
なんとも気持ち良く応援ができます。清宮選手もいいタイミングで一軍を経験させたことを良かったですね。
今週からの交流戦も巨人相手にいい試合をやっています。第1戦はホームランで常に先行して勝利。第2戦は先に
8点も取られましたが、今年のファイターズは諦めない。結局は負けましたが、8点を取り返し、相手チームには
嫌らしいチームでだと思われましたね。そして第3戦。元巨人のドラフト1位の村田投手が快調に投げ、リリーフ
陣もしっかりとつないでのファイターズらしい勝ち方でした。現在2位とはとってもいい位置です。この調子で
オールスターまで行ってほしいです。(行くでしょう!)

さて、当院の院長になってこの6月で丸8年が過ぎました。早いですね。本当に早いですね。子供たちも
大きくなってしまいました。自分も歳を取りましたね。まだ老けてしまうような年齢ではありませんが、当直
明けの体の動きはずいぶん悪くなりました。当直開けの夜は家ですぐうたた寝してしまう状態ですね。

思えば、ちょうど8年前からこのブログが始まりました。当時は『札幌南青洲病院』としてのブログでした。
コツコツ書いてきて8年になりましたね。そのころ札幌徳洲会病院の森院長がブログを毎週1つずつ書いて
いたので、私もできるだけ週に1つ記事を書いてみようと努力をしました。まあできなかったことも多かった
のですが、諦めずにここまで来られたことも良かったことかもしれません。

ブログの中身は病院のことだけでなく、日本ハムファイターズの話題も入れることで続けることができた
のかもしれません。
これからもぼちぼちとブログを書いていきます。お付き合いいただければ幸いです。

最後の運動会

| その他, 病院関連  |

みなさん、こんにちは。春になりいい天気が続いたり、雨が降ったりと周期的に気候が変わっていますね。
さて、私は先週の土曜日は子供の運動会でした。心配していた雨が朝方にパラパラと降りましたが、予報
通り日中は天気に恵まれて無事運動会が開催されました。札幌市内の半分以上の小学校が運動会だった
ようで、親としては予定通り運動会が開催されて本当に良かったです(本音)。
実は、この運動会は自分にとっては最後の運動会でした。一番上の子供の運動会に出たのが今から10年
以上前。その時から毎年この季節は運動会の準備に忙しかった記憶があります。リレーの選手に選ばれる
ために家の横の道路で走ってストップウォッチでタイムを計ったり、騎馬戦の相手(帽子をかぶって)を
してみたりと。また、運動会当日はまるで写真撮影に来たかのように、リュックサックを担いでカメラや
ビデオを撮っていました。子供が複数いた年には、あっちにいって写真を撮り、こっちに行ってビデオを
撮ったりと本当に大変だった思い出があります。
今回は、いよいよ最後の運動会。プログラムが進むにつれ終わりに近づきました。子供は徒競走や騎馬戦
など思いっきり力を出していました。子供も最後の運動会と張り切っていましたが、子供のいる白組が
負けてちょっと残念でした。でも、私にとっても最後の運動会をやり尽くした感がありました。
妻とも「本当にこれで最後だね。」としみじみと語りました。

 

このところいい天気の日がありますよね。五月晴れの河川敷を散歩した時の写真です。

病院のライラックです。ほぼ満開。いい香りが漂っています。写真からは匂いが分かりませんね。

5月の花

| その他, ファイターズ関連 |

平岡梅林公園の梅は見頃が終わりました。先日、職員の一人が「平岡梅林公園の梅ソフトが今日が最終だよ。」
と言っているのが聞こえました。梅の季節も終わりですね。
そして、札幌はライラック祭りです。すでに大通公園ではライラックが咲き始めています。病院前の紫色の
ライラックも徐々に色づいています。
この頃、朝から天気も良く、院長室から見える青い空と新緑がまぶしいです。札幌の初夏を感じる今日この頃です。

このところ撮った写真の披露します。

訪問先の公園で撮った桜です。

 

 

 

 

 

 

 

夕方帰りがけに平岡梅林公園で撮った紅梅です。

 

 

 

 

 

 

 

あしりべつ川沿いの八重桜です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ライラックは次回にします。

さて、我ら北海道日本ハムファイターズは今シーズンは現在のところ快調です。5月に入り清宮選手が7試合連続
ヒットなどという新人のプロ野球記録を作りましたが、日曜日はとうとう先発から外れました。やはり先発して
4打席のうちヒット1本あるかないかの状態では、1軍ではまだ務まりません。幸いなことに1軍メンバーが足り
ないので、まだ残っていますがしばらくは出場機会が少なくなるのではないでしょうか。打つ力は誰もが認める
実力で、将来の4番バッター候補であることは間違いはありませんが、しっかり守れて・走れて、ようやく1軍
定着ですから。まだ清宮選手を出し続けられる守備のポジションがファイターズにはないのが現状でしょう。
(当初はDHで開始し、1塁を守らせましたがやはり中田選手よりうまくはない。レフトを守りましたが、たぶん
ぶっつけ本番状態なので、打てなくなれば外されますよね)
ここからは正念場でしょう。2軍で毎日試合に出て、体を鍛える時間だと思うのは私だけでしょうか。1軍にいる
とどうしても試合に出られないし、練習時間も限られる。ここは未来の清宮選手のためにも力をつける時間では
ないでしょうか。

さあ、今週は札幌ドームでの試合はありません。ビジターの試合ですが是非頑張ってほしいものです。

ぎっくり腰と寝違え

| その他 |

みなさん、おはようございます。5月も半ばとなりました。すっかり桜は散ってしまいましたが、まだ八重桜が
きれいですよね。気候は暑くなったり寒くなったりと体調を崩さないようにしましょうね。

さて、前回のブログでは報告しなかったのですが、ちょうどゴールデンウィーク中にぎっくり腰になったのでした。
ゴールデンウィークの前半、さて自宅で庭仕事でもしよう思いちょっと重いものを持って庭に出たときに、「う?
え?来た、来た、来たぞ~!」と思い、庭仕事は中止しすぐに家に戻りました。明らかにギックリ腰を発症。もう
これは動いては駄目だと考え、そのまま家で横になっていました。痛みのため仰向けにもなれず、どちらか横を
向いて寝るしかありません。
翌日も痛みは続き、この状態で自転車で出勤は無理と判断、妻に車で病院まで送ってもらいました。
もう腰のほうは痛くてたまらず、痛み止めを飲んで腰のベルトをしてその日の外来、訪問を何とかこなしました。
腰をまっすぐにして歩けず、自分でもなんて情けないのでしょうと思いました。
その日から、湿布と腰のベルトに連日お世話になり、約10日間。ようやく腰痛が和らぎ、先週末からはベルトが
なくても生活ができるようになりました。ちょっとした気の緩みがぎっくり腰になったと思います。

そして、なんと昨日の朝起きたら、今度は左肩が痛い。左を向くのが辛い。(^_^;) 今度は寝違えか。悲しい。
こちらは仕事には大きな差し支えはなさそうなので、痛み止めを飲みながら経過をみていけば大丈夫でしょう。

ちょっと痛いだけでこんなにも辛いなら、患者さんはもっと辛いでしょう。そういうことを感じました。

みなさん、こんにちは。もう5月になっています。ブログの更新が途絶えており、申し訳ありません。

さて、ゴールデンウィーク中はみなさんはどこかに行きましたか? 私の方は前半は会議があったり、
当直をしたりと仕事中心で、休みの日に家の近くのサイクリングロードに家族と一緒に桜を見に行った
ぐらいでした。それでも、桜は満開でとってもきれいでした。

後半は、子供と一緒に我ら北海道日本ハムファイターズに応援に行きました。怪我人が出たお陰で清宮
選手も一軍登録され、5月2日から連日出場しています。その清宮選手の使い方は、さすが栗山監督だな
と思いました。まずは2日は負担の少ないDHからの出場。相手は楽天の岸投手で打つのは難しいとは思って
いましたが、その岸投手から初ヒットを打って気分が良くなったところで、翌日は打順は6番から5番へ
昇格。(クリーンナップですよ!)好投していた辛島投手からのヒットを打って自信をつけたところで
4日の試合は5番ファーストで先発。なんと中田選手を4年ぶりのレフトの守備につかせてですよ。
ファーストの守備を無難にこなしたところで、こどもの日の5日も5番ファースト。でも、この日は
ヒットでランナーになるも、次の田中賢介選手のセンターフライで走ってしまい一塁走塁アウト。
9回の守備でも壁際の難しいファールフライを捕れないなど、試合は勝ちましたが、見えないミスが
出たため、最終日の6日はまたDHに戻したというのを見ると、栗山監督・ファイターズ首脳陣の
清宮選手をもっと育てたいという意図が垣間見えました。
ヒットは5試合連続ですが、最後の2試合は当たり損ねのヒット。まだまだ1年目の選手だなあという
雰囲気でした。それでも将来の主軸になる要素は十分にありますね。

天気の方はあいにくの雨が続き、遠出はしなかったです。(忙しくてできなかったという話もありま
すが。) 6日の朝早く平岡梅林公園に家族と出かけ(早く行ったので空いていました)、満開の梅林
を見れました。曇り空で、肌寒かったので梅ソフトは遠慮してさっさと帰ってきました。
その後、大雨になり早起きで行ってきて良かったと思いました。

さあ、ゴールデンウィークも終わりました。今日から仕事。頑張りましょう。

風邪を引きました・・・

| その他 |

みなさん、こんにちは。新年度がスタートして1週間。新しい職場に入った方も多いのではない
かと思います。当院も新しい職員が現場に慣れてくれたかなと思っている今日この頃です。

週末は用事で旭川に行っていました。やはり札幌よりは少し寒く、一度暖かくなった時期を感じた
体には少し堪えたのでしょう。自分としてはあまり感じなかったのですが、札幌に戻ってきたら
何か疲れがぐっと出てしまいました。
そして昨日の朝起きたら喉が痛い・・・ やってしまった。風邪を引いてしまいました。すぐに
薬を飲んで出勤。そう、病院の当直の日でした。

病院の当直はそんなに忙しくなかったのが幸いでした。喉の痛みはそんなに悪化せず、徐々に
鼻水が増えてきました。ティッシュで何度も鼻水をかんだので、鼻が痛くなってしまいました。

夜も早々に当直室のベッドに入り、休みました。

そうすると今朝5時には目がパッチリと覚めてしまいました。年齢を重ねるとただでさえ早起きに
なりますが、早寝をするともっと早く目が覚めますよね。もう眠くないよなあと思ったときに、
あれ?今日は大谷君が先発の日ではなかったかなと思い出し、テレビのスイッチを入れたところ
1回表で投げていました。ビュンビュン投げて、三振を奪って1回表終了。これは目が離せなく
なりました。6時半頃まではテレビに釘付け状態でした。
結局、12奪三振で2勝目。何という人でしょう。去年、北海道日本ハムファイターズにいた人
とは思えません。もうイメージできなくなってしまいました。

朝から大谷君の活躍でワクワクはしましたが、やはり自分の体調はあまり回復せず、なんとなく
もわ~っとした1日でした。17時を過ぎてすぐに家に帰りました。帰りのバスの中から雪が
降っているのをみてちょっとびっくり。

家に帰れば、テレビのニュースは大谷君だらけ。日本中、いやアメリカ中騒いでいますね。
これで二刀流に挑戦できる土台ができて良かったと思います。

今日は早く寝ます。お休みなさい。

雪だ!?

| その他 |

朝から札幌は雪。どうして? 出勤時に雪に遭ってしまいました。
ちょっとびっくり。このところすごく暖かかったから。
でも、今シーズン最後の雪かな。

そして、すっかり晴れ上がった空。春ですね。
今日はプロ野球の開幕です。メジャーリーグも一足先に開幕しました。我ら大谷君も
先発メンバーに入り、DHでヒットを打ちました。すごいですね。昨年の今頃は、日本ハム
ファイターズの先発メンバーだったのですから。

さあ、野球シーズンです。とっても楽しみです。

和泉市立総合医療センター見学

| その他 |

みなさん、こんにちは。札幌の雪もどんどん融けています。我が家の庭の雪も今週中には
すっかりなくなりそうです。

さて、先週の週末は大阪出張でした。いつもは会議が東京で開催されるのですが、今回は表題の
和泉市立総合医療センター(旧・和泉市立病院)が新築移転するため、その見学もかねて
大阪での会議開催となったのでした。会議の方は、関西空港近くのホテルで開催され、土曜日
日曜日と2日間あり、いつもより予定を早めて会議を終了し、ホテルから新しい和泉市立総合
医療センターへバスで移動しました。

今年は一気に春がやってきて、大阪でももう桜が咲いていました。

バスが川沿いの道路を曲がると、目の前には新しい医療センターが見えました。新しく整備
された川沿いの公園の中にそびえ立つ病院がとても素晴らしく見えました。バスから病院へ
移動し、順路に沿って見学をしました。やっぱり新しい病院はいいですよね。見ているだけで
こちらもワクワクしてくる感じでした。

我々としては、新しい病院のことで気になることはやはり緩和ケア病棟でした。2階にある
外来や検査の部屋は一通り見たら、まっすぐ5階病棟の緩和ケア病棟に向かいました。ちょうど
西病棟と東病棟がエレベーターを挟んで対象にあるようで、その東病棟が緩和ケア病棟でした。
西と東がそのままつながっているので、緩和ケア病棟が特別な病棟という風には見えません
でした。
緩和ケア病棟は、やはり全室個室でぐるっとナースステーションを囲むように配置されて
いました。全部の病室ではないのですが、北側と南側の病室は部屋からすぐにベランダに
出られるように設計してありました。この構想は当院での新病院で実現したいなあと考えて
いたのですが、やはり北海道は冬に雪が降り、また暖房のことも考えると、このような設計
にするのはかなり難しいと判断していました。和泉市立総合医療センターの緩和ケア病棟が
こんな風にできるのは、やはり大阪という土地、気候だからかなと思いました。

病棟のスタッフにいろいろなところを特別に見せてもらい参考にさせてもらいました。
部屋の名前は花の名前なんですね。私には覚えることができるかな?

当院の新病院にも夢が膨らむ見学会でした。

とブログを書き終わる頃に、今日で札幌の積雪が0(ゼロ)になったそうです。

春も近いですね

| その他 |

みなさん、こんにちは。ブログを楽しみにしている人(?)、ご無沙汰しております。
また更新が3週間以上お預けになっていました。あれ?という感じです。看護部長はほぼ毎週の
ように更新していますが、私はサボっていますね。申し訳ありません。
この3週間にも、子供の卒業式があったり、東京へ日帰り出張があったりと忙しい日々でした。

このところ、一気に雪解けが進みましたよね。札幌の雪がどんどんと融けています。この冬は
健康のためにウォーキングをすることが多かったのですが、自宅近くの河川敷沿いの遊歩道は
先日まで雪に覆われていたのですが、もうアスファルトが見えてきました。雪がなくなって
歩くスピードが速くなった感じがします。

昨日は、快晴の中、札幌国際スキー場に行ってきました。雪のコンディションは良好。天気も
良かったので、スキーウェアの下に着ている服を1枚脱いで滑りました。全然寒くなかったです。
今年はウォーキングで足を少し鍛えていたお陰で、滑っていても昨年より疲れませんでした。
年をとっても体を鍛えることは大切なことを実感した今年の冬でした。

さあ、4月からはまた自転車通勤が始まりますね。かかりつけ自転車屋に定期点検に出してあり
準備はばっちりです。

2月も今日が終わりの日

| その他 |

みなさん、こんにちは。またブログの更新が2週間途絶えてしまいました。気がつけば2月も最終日となりました。
明日からは3月。そういえば、北海道の高校の卒業式ですよね。高校生か。随分前の事ですね。

さて、今年の2月は平昌(ピョンチャン)オリンピックで盛り上がりましたね。最初は日本選手の成績があまり
芳しくないなあと思っていましたが、メダルを取り始めたら連日のようにニュースなりましたね。フィギュア
スケートの羽生君の姿は病院のテレビで生中継で見たり、カーリングやスピードスケートも夜に生中継で見たりと
連日楽しませてくれました。その一方で、日本人が連日活躍するので、外国人の活躍の報道が少なかったと
思います。そのあたりの部分は仕方がないことなのかもしれません。

2月後半は天気もいい日が多く、朝冷え込む日も多かったですよね。2月の第3週は札幌でも朝マイナス10℃の日が
あり、車に乗ったときに外気温が-12℃を示したこともありました。昨日、今日も朝は冷え込みましたね。でも
日中は0℃近くなり、ゆっくりと春が近づいているのを感じています。

今日はちょっと真面目な話をしましょう。毎朝朝礼があるのですが、院長なので定期的に朝のお話が回ってきます。
院長になったばかりの頃は、話すことが色々とあり、朝礼なんかいつでも来い!という気持ちだったのですが、
一通り話すネタが尽きると、今度は何を話そうと考えてしまうことが増えました。そういう中でも日頃の出来事に
何かヒントがないかなと考えているのですが、今日は今週の月曜日に話したことを書きます。

今回の朝礼のお話は『理念』のことでした。
長い歴史をもつ多くの民間企業には、共通したいくつかのことがあると言われています。その中でも一番に
言われるのは理念を持っていることです。私たちが所属する徳洲会グループは今年で45年目を迎えています。
一般に企業は30年ぐらいが寿命と言われています。その中で徳洲会グループが存続できたのは、この理念を
大事にしてきたことであり、それを実践することで、地域の皆さんに信頼され、ここまで続いてきたのだと
思います。

長く続いている世界的な企業の一つにIBM(アイビーエム)という会社があります。日本にはその子会社である
日本アイビーエムという会社があります。IBMの創立はさかのぼると1914年になるそうです。初代の社長は
トーマス・ワトソンSr(シニア)という方でした。1924年に今の会社名であるIBM(International Business
Machines)という名前に改名したそうです。IBMの歴史に関しては、別の書物に当たってほしいのですが、その
初代社長のワトソンさんが責任者になったときに3つの基本的信条を決めたそうです。その3つは『個人の
尊重』、『最善の顧客サービス』、『完全性の追求』で、これがIBMの理念と呼ばれるものでした。社員は
これを規範にして仕事や行動を遂行したそうです。もちろん時代共にこの理念は見直す必要があるようですが、
気がつけばIBMは2014年に創立100周年を迎えています。これは本当に凄い事だと思います。IBMという名前は
変わらないが、実際に行っているサービスはその時代に合わせて変化していることも見逃せませんが、100年
以上続く民間企業というものはやはり何かを持っていると思います。

さて、徳洲会グループの理念は『生命を安心してあずけられる病院』『健康と生活を守る病院』の2つが共通の
理念です。これを愚直に実践することで、過去に色々なことがありながらも存続できたのだと思います。
その理念に加え、当院(札幌南徳洲会病院)には『ホスピスのこころを大切にする病院』という3つめの理念が
加わっています。患者さん、家族、職員、みんなを大切にしながら、これかも頑張っていきたいと思います。
これからもこの理念が認められれば、当院も歴史を作っていくことができると思っています。
これからも頑張って行きたいと思います。

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031