徳田虎雄理事長 来院!

| 病院関連  |

今日、なんと徳田虎雄理事長が当院に来院されました。みなさんはご存知かもしれませんが、
徳田虎雄は今、神経難病の一つであるALS(筋萎縮性側索硬化症)にかかっており、自分で
歩いたりはもちろんのこと、食事を摂ったり、呼吸をしたりもできない体になっております。
このような病気でも、知性は普通の人とまったく変わらず、色々なことを考えることができる
のです。コミュニケーションは、専用の文字盤を目で追うことで、付き人の人が一文字ずつ
読み取って行く形で、対面する人とはしっかり会話をすることができます。

今回は、札幌徳洲会病院の新築移転祝賀会が6月24日に開催されるのに合わせて、なんと
ALSという病気でありながら、飛行機を使って札幌までやってきたのでした。せっかく札幌に
来たのだから、札幌にある徳洲会グループの病院を訪問したいとのことで、今日は当院に来院
されました。

当院には約10年ぶりの来院です。9年前に前野先生が当院にホスピスを開設してからは
一度も来院したことがありませんでした。
今朝は、私も早くから病院に入り、理事長がやってくるのを待っていました。8時前から
病院前で待機。理事長の側近から入る電話連絡で、到着を今か今かと待っていました。

結局、8時30分過ぎに理事長専用のバスで到着。すぐに当院の4階の講義室へ移動しました。

まず、職員一同と一緒に朝礼を行い、いつもの当院の理念の唱和に引き続き、椅子を並べての
面談となりました。理事長は、専用の文字盤を通して、私たち職員に色々とメッセージを送って
くれました。
「10年前に当院に来院した頃、すでにこの病気(ALS)に気づいていた」
「10年経って、こうやってこの病院に来ることができて、うれしい」
「弱っている人をどうか助けてほしい」などなど。
2012-06-23

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は、面談に出席した人と一人ずつ握手をし写真を撮りました。出席した当院の職員と全員握手
をした後は、入れ替わり、次に当院の向かいにある有料老人ホームケ・アタウン徳洲会札幌南と
特別養護老人ホーム・コスモス苑さとづかの職員と同じように面談、一人ずつの握手となりました。

そして10時20分ぐらいとなり、次の予定があるということで、当院からの出発予定だった
のですが、せっかく当院に来られたので是非ホスピスを見てもらいたいので、帰り際にホスピス
病棟に寄り道をしてもらいました。

2012-06-23-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理事長にとっては、初めてのホスピス。当院の暖かな雰囲気を感じてもらえたのではないかと
思います。理事長から病室の中も見たいと希望されたので、患者さんにお願いして、個室と
大部屋を見せて頂きました。理事長も患者さんにお礼を言って、満足していました。

そして10時40分過ぎに当院を出発し、次の目的地へと移動していきました。

あっという間で過ぎ去った2時間でしたが、当院にとってはとてもよかったと思いました。

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031