文字サイズ

病院概要 総長挨拶・院長挨拶

総長挨拶

総長

医療法人徳洲会 札幌南徳洲会病院総長 前野 宏

みなさまこんにちは。
当院は「生命(いのち)だけは平等だ」と「ホスピスのこころを大切に」という二つの理念を持っております。
前者は、徳洲会グループ共通の理念で、いつでも誰でもどこでも受けられる医療を目指しております。後者は、当院特有の理念で、患者さんも医療者も同じ弱さを持った人間として平等であるということを表しております。すなわち、医療者ができるだけ患者さん目線で患者さん・ご家族の苦痛・希望をお聞きし、対応することを目指しております。
札幌南徳洲会病院は、主に清田区の地域の皆様がかかりつけの医療機関として気軽にかかることができるようにほぼ全ての内科疾患に対応しております。また、透析医療、リハビリも充実しており、専門のスタッフが対応致します。また、認知症の専門外来(「福寿草外来」)では、専門医が対応しております。
当院のもう一つの柱は緩和ケアで、2003年に緩和ケア病棟がオープンし、専門病棟でのケアを開始致しました。また、2008年に道内では初の在宅緩和ケア専門の診療所であるホームケアクリニック札幌が創設され、当診療所と連携することにより、緩和ケア病棟でも在宅でも患者さんが望めばどちらでも質の高い緩和ケアが提供できる体制が整いました。このような体制を提供できる施設は道内では他には無く、我が国においても数少ないものです。
我が国はいわゆる「2025年問題」と言われる超高齢、多死社会を迎えつつあります。今後、少子化、老々介護、独居高齢者といった問題が顕在化する中、当院はたとえ末期がんのような困難な状況であっても、患者さんが安心して終末期を迎えることができる地域社会を構築するために地域医療の一翼を担って行きたいと願っております。職員一同、努力する所存ですので何卒よろしくお願い致します。

2016年1月

院長挨拶

総長

医療法人徳洲会 札幌南徳洲会病院院長 四十坊 克也

当院は平成8年より徳洲会グループの一員となり、札幌南青洲病院となりました。
平成13年4月に前野宏先生が院長として赴任し、現在の内科診療と緩和ケアを中心とした医療に方向転換をしました。平成15年12月には緩和ケア病棟(ホスピスセンター)が完成し、平成19年4月には緩和ケア病棟および透析室の増改築も行い、当院の基盤を強化してきました。来年で緩和ケア病棟は開設15周年を迎えます。これまで2000名以上もの患者さんが利用されました。これも地域のみなさんに支えられたお陰と思っております。現在は一般病棟70床、緩和ケア病棟18床、透析センター17床が当院の中心となっております。

当院の二本柱の一つである内科診療では、患者さん一人一人のニーズにあわせて、外来通院、入院治療を通して、地域におけるプライマリーケアを提供しております。平成26年4月から開設したふくじゅそう外来(認知症)は好評で多くの患者さんが来院されております。

またもう一つの柱である緩和ケアでは、がんの終末期にある患者さんに対してチーム医療による心のこもった最善の医療を提供しております。在宅でがん終末期を迎える方にも在宅グループであるホームケアクリニック札幌と連携をしながら、患者さんが望む環境での緩和ケアを提供しています。

当院は築30年以上となり、建物老朽化が進んでいます。新築移転は必須の課題となっております。幸いなことに平岡地区に移転用地を確保できており、今後は新しい病院を作るべく努力するだけです。

そういう経過の中、今回当院が札幌医療生活協同組合から医療法人徳洲会への事業譲渡することが決まりました。すでに20年近く徳洲会グループの一員であり、診療に関しては何ら変わることはないのですが、病院名が変わることになりました。新しい病院名「札幌南徳洲会病院」が地域の人にさらに信頼され、頼られる病院になるよう頑張りたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

2017年12月